選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【買い時調査】新型Amazon echoの買い時っていつ?詳細情報とセール期間予測

f:id:sk96a:20190926211346j:plain

 

2019年9月26日、とうとうAmazonから新型Amazon Echoの詳細情報と発売予定日が公開されました。楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか?

 

つい先日まで、前モデルのセールがあり相当安価で販売されていたのですが、「新型モデル情報がもうそろそろ出る頃だろう」と、購入を見送り正解でした。ですので、今回、かなり期待しております。

 

Echoはいわゆるスマートスピーカーに属するのですが、スマートスピーカー購入には難しい点が二点あります。

 

ひとつ目は、種類がいくつかあり、どれを買えばいいか選択するのが難しいことです。

値段と見た目は違うのだけど、中身はどう違うのかがわかりづらいと思います。

 

ふたつ目は、度々セール価格になるということです。旧型Echo Dotにおいては、最大半額程度のセールが過去にありました。それを定価で買っちゃうと、なんだか損した気分になりますよね。

 

そこで今回は、発売が決定した新型Echoの詳細情報とその買い時予想を記事にしたいと思います。購入を考えてらっしゃる方は多いと思いますので、是非とも参考とされてください。

 

 

 

 

Newモデル Echo(エコー)第3世代

 

 

 

発売日

 

2019年10月16日

 

 

定価 

 

¥11,980

 

 

簡単なスペック

 

  • Echo(第3世代)は、Dolby対応プレミアムスピーカーによるクリアなボーカルとダイナミックな低音が360度全方向に響き渡ります。
  • プレミアムサウンドを楽しむ。イコライザー設定を調整することで、自分好みの音で鑑賞することができます。Echo(第3世代)同士、もしくはEcho Plus(第2世代)と組み合わせることで、ステレオサウンドが楽しめます。
  • 音楽再生も話しかけるだけ。Alexaに話しかけるだけで、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどから、楽曲名、アーティスト名、ジャンルを指定して音楽を再生できます。マルチルームミュージック機能で、複数の部屋に置いた対応Echoデバイスから音楽を再生できます。
  • スマートホームも音声で。対応スマート家電を使えば、ライトをつける、エアコンを調整する、ドアに鍵をかけるといったことが、話しかけるだけで可能になります。
  • 音声でつながる。スマートフォンのAlexaアプリや対応Echoデバイスを持つ友人、家族とハンズフリーで通話が可能です。呼びかけ機能を使って別の部屋にいる人に話しかけたり、アナウンス機能を使って対応Echoデバイスがあるすべての部屋に音声メッセージを一斉に送ることも可能です。
  • 便利なスキルがたくさん。その数2,500種類以上、スキルが増え続けることでAlexaができることはどんどん増えていきます。デリバリー注文ができるスキルや、家族や友だちと楽しめるゲームのスキルなど、お好みのスキルを見つけてください。
  • プライバシーに配慮したデザイン。マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。

(Amazon引用)

 

 

第一印象

 

純粋に前モデルの音質を向上したものになっています。Amazon Echoとしてのモデルチェンジは今回初になります。Echo Dotが前回のモデルチェンジで大きく音質が向上したため、今回のEchoのモデルチェンジも音質の面で非常に期待できるものとなっているでしょう。

 

現行のEcho Plusから、スマートハブを外しただけの製品となっているようです。スマートハブとは、より簡単にスマート家電を管理できる機能の様なものです。

 

また、個人的には、前モデルよりも存在感が増したデザインで好みです。

 

 

こんな人にオススメ

 

音質重視、アレクサでスマート家電を扱う予定はない人

 

 

買い時調査

 

Echo前モデルは2017年11月8日発売で、翌年の4月下旬にセールとなりました。価格はおよそ2500円引されていました。

 

ここから考えると、本モデルのセールは先になりそうな気がしますが、Echo前モデルは、スマートスピーカーの売り出し始めであったので、Amazonさんも様子見をしていたのだと思われます。また事前予約をした人には非常に安い価格で販売するといったことも行われていました。

 

個人的には新型Echo、2019年12月初旬または中旬あたりにセールが開催されると予想します。価格はおよそ3000円プライスダウンの9000円くらいになるのではと予想しています。

 

本サイトとしては、今すぐ欲しい場合を除いて、12月中旬まで少し待ちかなとと思っています。

 

 

Newモデル Echo Dot(エコードット)第3世代

 

 

発売日

 

2019年10月16日

 

 

定価 

 

¥6,980

 

 

簡単なスペック

 

  • Echoシリーズの中で一番人気のEcho Dotに、時間や外気温、タイマーを表示できるLEDディスプレイ付きモデルが登場。
  • 枕元にぴったり。Alexaに話しかけるだけでアラームを設定できます。上部をタップすればスヌーズします。内蔵光センサーにより、部屋の明るさにあわせてディスプレイの輝度を自動調整します。
  • 音楽再生も話しかけるだけ。Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどから音楽再生が可能。Audibleのオーディオブックを聴くこともできます。
  • ステレオサウンドを楽しむ。Echo Dot(第3世代)が2台あれば、豊かなステレオサウンドを楽しめます。片方は時計付きモデルではなくても構いません。
  • いつでもすぐにお手伝い。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、疑問への回答、ニュースの読み上げ、天気の確認、アラームの設定、対応スマート家電の操作などが可能になります。
  • 役立つスキルがたくさん。2500種類以上の中からお好みのスキルを有効にして、Echo Dotをさらに便利に使ってください。
  • スマート家電の操作も話しかけるだけ。対応のスマート家電を使えば、電気をつける、エアコンの温度を調節する、ドアに鍵をかけるといったことが可能になります。
  • プライバシーに配慮したデザイン。マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。

(Amazon引用)

 

 

第一印象

 

第三世代Echo Dotに時計や外気温を表示できるLEDディスプレイを付けただけの製品になります。LEDディスプレイを付けただけというとなんだかイマイチな気がしますが、筆者の意見としてはインテリアとしての価値は大きく上がったと感じています。

 

LEDディスプレイ、あるとないとじゃ大きな違いで、筆者は時計付きの方が好きです。皆さまはいかがでしょうか?

 

ただし、LEDディスプレイが搭載されたために、前モデルと比較して値段が1000円値上がりしました。これは少し痛い気がします。

 

安価でコスパを求める人がEcho Dotを買う傾向にあると思いますので、「1000円上がるなら前のモデルでいいや」とならないかが心配です。

 

  

こんな人にオススメ

 

コスパ重視の人、そしてスマートスピーカーを初めて使ってみたいなぁという人

 

 

買い時調査

 

Echo Dot前モデルは2018年10月16日発売で、その年の12月初旬と中旬と二度のセールがありました。価格にして5980円のおよそ3000円引で、3240円というセール価格になっていました。

 

これはおそらく、Amazonの目論見として、クリスマスプレゼントしての売り上げの伸びを促すためだったと筆者は予想しています。

 

ここからこの新型Echo Dotのセール時期を予想すると、今年の12月初旬または中旬にセールがあると予想します。

 

そしてセール価格はおよそ4000円から4500円程度になるのではないでしょうか?今すぐLEDディスプレイを搭載した本製品が欲しいという人以外は、あと2か月程度待つのが正解であると個人的に感じています。

 

 

Echo Studio(エコースタジオ)

 

 

発売日

 

2019年12月5日 

 

 

定価 

 

¥24,980

 

 

簡単なスペック

 

  • 没入感のあるサウンド。5つのスピーカーが、パワフルな低音、ダイナミックな中音、そしてクリアな高音を生み出します。Dolby Atmos技術により、音に空間、明瞭性、奥行きが追加されます。
  • Alexaに話しかけるだけ。音楽の再生やニュースの読み上げの他、疑問に思ったことはAlexaに聞いてみてください。
  • 聴きたい曲はなんですか? Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどからお好みの曲をストリーミング再生します。Amazon Music HDでは、今後3Dミュージックの提供を予定しています。
  • 部屋に合わせて適応。置かれた部屋の音響特性を自動的に検出し、適した音が再生されるよう調整します。
  • スマートホームハブを内蔵。Alexaを使って、Zigbee規格の対応家電をコントロールできます。
  • 家族といつでもつながる。呼びかけ機能やアナウンス機能で、各部屋にあるEchoデバイスが内線のように使えます。
  • プライバシーに配慮したデザイン。マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。

(Amazon引用)

 

 

第一印象

 

今回発表されたEchoシリーズの中で、個人的に一番の目玉であり、さらに個人的に一番買いたいと思ったのがEcho Studioになります。

 

まだ音質を確認できていないので予想でしかないのですが、音質が相当良いと思っています。初代Echoでもそこそこ音質が良いのに、二世代、三世代、最上位モデルのEcho Studio。期待しないわけにはいきません。

 

また、スマートホームハブも搭載されており、至れり尽くせり、最上位モデルといったところでしょうか。

 

また、個人的にEchoらしいシンプルなデザインに加え、空洞の空いた独創的でインテリア性のあるデザインが非常に好みです。

 

これまでの最上位モデルのEcho Plusが780gであるのに対して、本モデルは3.5kgと非常に重くなっており、サイズもそれなりに大きくなっています。しかし、そのサイズの中に詰め込まれたサウンドへのこだわりが、その重さに表されていると筆者は感じるので、重さは気になりませんでした。

 

個人的に、このEcho Studio、リビングの目立つところに「ドン!」と主張性を持たせて配置したいところですね。

 

販売日が少し先になるので、実機を見るのが楽しみです。

 

 

こんな人にオススメ

 

音質重視、リビングにこれ一台で満足したい人 

 

 

 

買い時調査

 

本モデルは、全くの新商品であるため、セール価格とセール期間が読みづらいのですが、予想してみました。Echo Studio、2020年2月中旬に開催されるタイムセール祭りにて、セール価格になると予想します。

 

価格はおよそ5000円プライスダウンの19800円くらいになるのではと予想しています。

 

 

Echo Flex(エコーフレックス)

 

 

 

発売日

 

2019年11月14日

 

 

価格

 

¥2,980

 

 

簡単なスペック

 

  • 様々な場所を、少し便利に。このプラグイン式スマートスピーカーがあれば、ご自宅のより多くの場所でAlexaの助けを借りることができます。
  • Alexaが暮らしのお手伝い。お出かけ前に天気を確認したり、鉄道運行状況を調べるなど、即座に情報を得ることができます。
  • スマート家電を音声操作。ライトを付けたり、エアコンを操作したり、玄関の鍵をかけるなど、別売りのAlexa対応家電やコントローラーを操作できます。
  • 内蔵USBポート。スマートフォンの充電に使えるほか、専用にデザインされたナイトライトやモーションセンサーなどのアクセサリ(別売)を追加できます。
  • 家族や友だちとつながる。ほかの部屋にある対応Echoデバイスで家族に話しかけたり、メッセージを送ることができます。Echoデバイスをお持ちの家族や友人とハンズフリーで通話ができます。
  • プライバシーに配慮したデザイン。マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。

(Amazon引用)

 

 

第一印象

 

第一印象「これなに!?」でした。

 

音質重視のEcho StudioやEcho  Dotの第三世代は、これまでのEchoの進化を踏襲したような進化であったので、そこまで驚かなかったのですが、さすがAmazonさん、面白いモノづくりをしてきましたね。

 

個人的に、最下位モデルはEcho Dotであると、筆者は決めつけてましたし、読者の皆さまもそうではないでしょうか?だって、Echo Dotであの価格とコンパクトさですよ。

 

それのさらに下位のコンパクトさを追求したモデルを開発してくるとは!

 

プラグイン式のスマートスピーカーとは、とことんスマートホーム化しようとしている方はよだれがでる商品なのではないでしょうか?

 

これまで最小であったEcho Dotは、電源をとるにはACケーブルでコンセントにつなぐ必要がありました。その点、取り回しの難しさがあり、もっとシンプルで取り回しの良いEchoが欲しいと思っていた方は多いと思います。

 

その人たちの意見へのAmazonさんの答えが、このコンセント直差しEchoなのでしょう。コンセントにさすだけなので、本当にシンプル!場所もとりませんね。

 

このスマートスピーカーを普及していくためには、スマートスピーカーをより日々の生活に溶け込ませる必要があると思います。その点、このEcho Flexは、名前の通り、柔軟にあなたの生活に溶け込む、素晴らしいアイディアの痒い所に手が届く商品だと思いました。

 

 

こんな人にオススメ

 

スマートスピーカーは二台目、三代目で、よりスマートホーム化を進めたい人

(※一台目にはあまりオススメできません。)

 

 

買い時調査

 

本モデルは、全くの新商品であるため、セール価格とセール期間が読みづらいのですが、予想してみました。

 

Echo Studio、2020年2月中旬に開催されるタイムセール祭りにて、セール価格になると予想します。価格はおよそ1000円プライスダウンの1980円くらいになるのではと予想しています。

 

 

まとめ

 

今回の新型Echoの発表、いかがだったでしょうか?

 

やはり、このスマートスピーカー業界を牽引するのはAmazonであると、強く示すような製品たちになっていたように筆者は思いました。

 

また、今後スマートスピーカーは一家に一台、いや一家に数台という時代になってくるような気にさせてくれる魅力的な製品たちに、皆さんの購買意欲も掻き立てられたのではないでしょうか?

 

今後、発売が開始されると実機レビューが多く出てくるでしょうからそれも楽しみですね。二度になりますが、筆者はEcho Studio狙っています。

 

皆さまはどの商品に魅力を感じましたか?コメントいただけると嬉しいです。

 

 

関連記事

 

allomakase.hatenablog.com