選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【これは買い!】Amazon新製品3モデルの性能と第一印象【Amazon Echo】

f:id:sk96a:20190930212940p:plain

 

ガジェット好きの皆さま、Amazonから発売が決定した『Echo Frames』『Echo Loop』『Echo Buds』チェックしましたでしょうか?

 

いわゆるウェアラブルデバイスと呼ばれる近未来的製品であり、10年ほど前の『スマートフォン登場時』のようなワクワク感を感じているのは筆者だけではないと思います。

 

そこで今回は、Amazon新ウェアラブルデバイスにフォーカスを当て、製品の性能や第一印象、そして買い時についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

Echo Frames(エコーフレームス)

 

f:id:sk96a:20190930211121j:plain

 

www.amazon.com

 

発売日

 

一部ユーザーのみ限定先行発売

 

 

定価

 

180ドル(先行販売価格)

250ドル(通常価格)

 


簡単なスペック

 

  • Meet Echo Frames - All-day glasses with hands-free access to Alexa.
  • Just ask Alexa - Make calls, set reminders, add to your to-do lists, listen to podcasts, or control your smart home from anywhere.
  • Designed for all-day wear - Echo Frames are lightweight and compatible with most prescription lenses.
  • VIP Filter - Customize which notifications to receive from the contacts and apps that matter most to you.
  • Thoughtful design - Amazon open-ear technology directs sound to your ears and minimizes what others can hear. And with no camera or display, you stay in the moment.
  • Does even more - Supports access to Google Assistant from a compatible device.
  • Designed for privacy - Microphones are designed to respond to the voice of the person wearing the frames and turn off with the double-press of a button.

(Amazon引用)

 

 

第一印象

 

f:id:sk96a:20190930213549j:plain

 

いわゆる今後期待されている『スマートメガネ』ってやつ。

 

イヤフォンを搭載したメガネであり、さらにハンズフリーでアレクサに質問や指示できるのは魅力であると思います。

 

近年、街ではハンズフリーで電話している人が増えてきて「!?」となることが多いですが、Amazonからのスマートメガネの供給により、そのような人がもっと増えるのかとも思います。

 

今後、この領域はもっと普及、発展していくものと思われますが、今回のEcho Framesはディスプレイやカメラは備えておらず、その点、近未来性や新たなデバイスといった印象は薄かったように思います。

 

ただ、今後普及が見込まれるスマートメガネにおける第一世代とも呼べる製品が、実際に手にできるようになったと思うと、ガジェット好きとしては嬉しいものがあり、スマートフォンの普及し始めの時のことを少し思い出しました。

 

ちなみに、Amazonは今回販売が予定されている製品群を実験的な製品『Day 1 Editions』として位置付けているようで、フィードバックを得てブラッシュアップしてアイテムらしいです。こう聞くとワクワクしませんか?

 

豊富な研究開発資金源を有するAmaon社とその優秀なエンジニアが、今後この領域をどう発展させていくかが楽しみです。

 

 

こんな人にオススメ

 

ハンズフリーでアレクサを起動!近未来感を実感したい人

 

 

買い時調査

 

現段階では、多くの人に行きわたるのは先であることを考えると、欲しい人にとっては、先行販売価格で購入できる今がまさに買い時であると思います。

 

ただ、正直買えるかもわからない製品なので、買い時を考えるのは難しいですね。

 

期待としては、2020年7月のプライムデーあたりに一般流通を開始し、2021年年末あたりにセール価格になるかなぁといったところです。

 

個人的に欲しい製品でありますので、Echo Framesの動向にはかなり注目しています!

 

 

Echo Loop(エコーループ)

 

f:id:sk96a:20190930211435j:plain

 

www.amazon.com

 

 

発売日

 

一部ユーザーのみ限定先行発売

 

 

定価

 

130ドル(先行販売価格)
180ドル(通常価格)

 

 

簡単なスペック

 

  • Keep Alexa on hand - This smart ring is your shortcut to quick calls, fast answers, and bits of info that help you stay on top of your day.
  • Help is just a click away - Ask Alexa to set reminders, add to lists, and control compatible smart home devices on the go.
  • Connect to your top contact - Put them on speed dial for short, frequent conversations.
  • Get info the moment you need it - Movie showtimes, quick calculations, and a world of knowledge are waiting.
  • Made for real life - Echo Loop is scratch-resistant, water-resistant, and has an all-day battery.
  • Designed to protect your privacy - Wake up Alexa by clicking the action button.

(Amazon引用)

 

 

第一印象

f:id:sk96a:20190930214014j:plain

 

指輪型のウェアラブル製品。アリだと思います。

 

当然のことながら、Echo Loopでアレクサを操作することができ、指輪という手軽さから、スマートデバイスの普及を後押しするモノになるのではないでしょうか?

 

スマートウォッチでもいいのでは?という意見もちらほら聞こえますが、時計はステータスを示すモノであり、好きなモノをつけたいという人が多いと思います。その点を踏まえ、敢えての指輪型なのでしょう。時計型よりも、指輪型の方が、より手軽に装着できそうですしね。

 

昨今、電子マネーの推進や、ユーザーの手軽さを求める声からも、ICチップを皮膚内に埋め込むといった、スマート化の在り方をとっている国もあります。

 

しかし、そのような形態を好まない人が日本には多いと思うので、そういった制限下では、指輪型が最もスマートなデバイスだと言っても過言ではないでしょうね。

 

このような最もシンプルで、身に着けるのが楽な製品に皆さまが求めることが『料金の支払い』であると思います。カードやスマートフォンを取り出すことなく、交通機関の支払いや、モノの購入など、あらゆる場面において、この指輪型デバイスで簡潔できたら、すごい楽ですよね。

 

そこら辺の情報は、まだあまり仕入れてないので確定情報ではないのですが、Echo Loopはここらに難がありそうな気がしています。まぁ実験的な製品『Day 1 Editios』としての位置づけですので、今後、日本人の声も反映された製品に仕上がっていくことを期待しています。

 

 

こんな人にオススメ

 

最もウェアラブルな製品、より楽にスマート化デバイスを身に着けたい人

 

 

買い時調査

 

Echo Frames同様、欲しい人すべてに行きわたる時すら、まだ判明しておりません。

 

個人的には、2020年7月のプライムデーあたりに流通開始のシナリオを予想しております。そして2020年12月にのクリスマス商戦として、Amaozonのウェアラブルシリーズがセール価格になるのでは?と予想しています。皆さまはどのように思われますか?

 

 

Echo Buds(エコーバッズ)

 

f:id:sk96a:20190930212257j:plain

 

www.amazon.com

 

発売日

 
2019年10月30日(米国)

 

 

定価

 

130ドル

 

 

簡単なスペック

 

  • Immersive sound – Premium speaker drivers deliver crisp, dynamic audio. Bose Active Noise Reduction Technology and sealed in-ear design limits background noise.
  • Hands-free with Alexa – Echo Buds work with the Alexa app to stream music, play Audible audiobooks, make calls, or get directions—just ask.
  • Access other assistants – Supports access to Siri or Google Assistant from a supported device—just press and hold your earbud.
  • Long-lasting battery – Get up to 5 hrs music playback per charge, up to 2 hrs with a 15-min quick charge, and up to 20 hrs with the charging case.
  • Customizable fit for better sound – 3 sizes of ear tips help form a comfortable in-ear seal for immersive listening.
  • Exercise ready – Sweat-resistant with a secure fit that’s made to move with you.
  • Alexa is always getting smarter and adding new skills – Request a rideshare, get a guided workout, or order dinner, all hands-free.
  • Designed to protect your privacy - Built with multiple layers of privacy protections and controls, including the ability to mute the mics with the Alexa app.

(Amazon引用)

 

 

第一印象

 

f:id:sk96a:20190930214549j:plain

 

こちらは、アレクサを操作することのできるイヤフォンとなっています。どちらかと言えば、イヤフォンとしての機能がメインで、スマートデバイスとしての機能は二の次なイメージです。

 

そういった意味では、スマートデバイスとしての色が強いEcho Framesとの差別化はうまくできているように感じています。

 

Echo Budsには、Bose社のノイズキャンセリング機能が乗っているようです。その点、ガジェット好きの皆さまの心をくすぐる製品となっているのではないでしょうか?

 

さらに130ドルという価格は、多くの人が手を出しやすい価格設定となっており「完全ワイヤレスイヤフォンを買うならこれ!」という第一選択肢になってくることが予想されます。

 

音質の面では、実機を試してみた方の話では、そこまでの高音質ではなかったようです。ただ、一般の方が利用するということに目を向けると、音質と金額を天秤にかけた結果、このような価格と品質の設定になったような気がします。

 

まぁ総じて、日本での金額はいくらになるかわかりませんが、130ドルという価格は非常にコスパの高いモノになっていると言えると思います。

 

現在、Apple社の『Air Pods』がイヤフォン業界を独占しているといった印象ですが、そこに風穴をあける製品になるのは間違いないでしょう。

 

今後の発展が気になる製品でありますし、これまでのAmazon社のモノづくりを踏襲した仕上がりになっているとするならば、期待をせざるを得ないでしょうね。

 

 

こんな人にオススメ

 

コスパの高い完全ワイヤレスイヤフォンが欲しい人

 

 

買い時調査

 

Echo FremesおよびEcho Loop同様に、買い時が難しい製品となっています。

 

これも同様になのですが、2020年7月のプライムデーにて販売決定、12月セールというのが、本サイトの見解となっています。

 

この価格帯では魅力的な製品となっていますので、欲しいと思っている方も多いと思います。、本サイトでは、Amazon新製品の動向を今後も追っていこうと考えています。

 

 

まとめ

 

個人的に、Amazon新デバイスはワクワクさせてくれるモノに仕上がっていたと思うのですが、皆さまいかがでしたでしょうか?

 

今後、今回ご紹介した製品たちが、当たり前に社会に溶け込む日が来るかもしれません。そういった意味で『Day 1 Editios』はメモリアルな製品となるのかもしれません。

 

今後も、Amazon新デバイスについては本サイトでも取り上げていこうと考えています。筆者も、Amazon製品のいちファンとして、今後のAmazonウェアラブル製品の進化を楽しみに待っていようと思っています。

 

  

関連記事

 

allomakase.hatenablog.com