選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【ありえない高コスパ】Anker Soundcore Liberty |新製品おすすめポイントと価格考察

f:id:sk96a:20191001211246j:plain

 

本サイトが調査した欲しいモノランキングでも上位にランクインした『完全ワイヤレスイヤフォン』。

 

allomakase.hatenablog.com

allomakase.hatenablog.com

 

今回、ありえない価格と高性能をひっさげて、低価格帯完全ワイヤレスイヤフォン業界に満を持して『Anker Soundcore Liberty』が登場いたしました。

 

今回は新製品『Anker Soundcore Liberty』の第一印象と買い時について記事にしました。完全ワイヤレスイヤフォンが欲しいけどどれにすればいいかわからない方!必見です!

 

 

 

 

 

 

発売日

 

2019年9月26日

 

 

定価

 

¥7,999

 

 

簡単なスペック

 

  • 最⼤100時間の⻑時間再⽣:Ankerの⾼度な技術と⾼品質のバッテリーを使⽤することにより、イヤホン本体だけで最⼤8時間、付属の充電ケースを合わせて使うと最⼤100時間の⾳楽再⽣が可能です(※ともに満充電時)。また、わずか15分の充電時間で2時間分の⾳楽再⽣が可能です。なお、イヤホン⾃体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認できます(※iOS 6以上の機器のみ対応)。
  • 洗練された⾳質:Soundcore Libertyのために設計されたグラフェン採⽤ドライバーを搭載。従来より約35%軽量化された振動板を搭載することで、正確でクリアな⾳楽再⽣を実現しました。20Hz〜20kHzの広い周波数帯域で優れた⾳楽体験をご提供します。
  • しっかりとしたフィット感:Soundcore独⾃のGripFitテクノロジーにより、イヤホンを⽿に挿⼊し少しひねるだけでしっかりと固定することができます。通勤・通学時や歩⾏中はもちろん、スポーツやトレーニング時でも安⼼です。
  • 軽やかに、使いこなす:お使いの機器のBluetooth設定から一度Soundcore Libertyに接続すると、充電ケースから取り出すたびに最後に接続した機器に自動で接続します。
  • パッケージ内容:Anker Soundcore Liberty、充電ケース、イヤーチップ(S / M / L *Mサイズは本体に取り付け済み)、イヤーウィング(XS / S / M / L *XSサイズは本体に取り付け済み)、Micro USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証(※正規販売店からの注文に限ります。

(Amazon引用)

 

 

おすすめポイント

 

コスパに定評のある完全ワイヤレスイヤフォン『Anker Zolo Liberty』の後継モデル。

 

それだけで期待は大きいですが、完全ワイヤレスイヤフォンの弱点を克服した点で、新モデルは非常に評価できます。

 

その改善点は音楽再生時間の向上。完全ワイヤレスイヤフォンは、その独立性とコンパクトさから、バッテリーの制約がネックとなるのは事実です。

 

その点、本製品は、本体のみで最大8時間(従来モデル3.5時間)、充電ケースの使用時で最大100時間(従来モデル24時間)と必要十分な性能を持ち、従来モデルと比較しても大きな向上を見せています。

 

完全ワイヤレスイヤフォンをご使用の方で、このバッテリーの持ちをネックに感じていた人にとっては、この機能の向上は大きな魅力になりえるでしょう。

 

音質面は、前モデルから大きく向上しています。音の鳴り方は低音よりで、この価格帯では満足いくレベルに達しており、音質によほどのこだわりがある人以外は必要十分といった印象です。

 

高い遮音性も、音質の向上に寄与しており、外での利用も十分オススメできます。

 

遮音性につながるところで、GripFitテクノロジーを採用しており、耳に装着するときにひねることで、固定性・安定性が向上します。ランニングなどのスポーツ時には助かりますね。

 

おまけにIPX5相当の防水機能もついてきます。これもスポーツ時など汗にも強そうですし、突然の雨にも安心ですね。

 

また、Bluetooth5.0を採用しており、完全ワイヤレスイヤフォンの弱点だった「音の途切れ」と「ペアリングの悪さ」が大きく改善されています。使い勝手が良いのも、本製品の特徴と言えるでしょう。

 

総じて、価格に対して高い水準を保っており、さすがAnkerといったところです。完全ワイヤレスイヤフォンのファーストチョイスになりえる製品に仕上がっていると感じました。

 

 

こんな人にオススメ

 

求めるのは高コスパ、低予算でより良い完全ワイヤレスイヤフォンが欲しい人

 

 

買い時調査

 

Anker製品は、普段のタイムセールや月イチくらいに開催されるタイムセール祭りなど、セールが多く開催されるメーカーであり、買うタイミングによっては価格的に泣きをみる可能性が高いです。

 

そのため、新商品であっても買い時は重要になってきます。

 

ただ先に書きますと、本製品『Anker Soundcore Liberty』がセールになるのはまだ先になるかもしれません。

 

前モデルである『Zolo Liberty』を調査してみると、まず販売価格は7,999円。販売開始後およそ10か月で、セール価格の6,399円(1600円引)となっていました。Amazon最安価格は、1年半後に5,299円(2700円引)となっていました。

 

ここから考えると、本製品『Anker Soundcore Liberty』がセール対象となるのは、来年のプライムデー頃(2020年7月)ではないでしょうか?

 

セール価格はおよそ6,000円程度になることを予想します。

 

そう考えると価格が低下するのはまだ先になりそうなため、本製品が欲しいと考えている方は今が買い時と言えると思います。正直に言うと、定価でもめちゃくちゃ高コスパで、買っても損はしないと思います。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

このレベルの製品が7,999円で買える時代になったのだなぁとしみじみ思います。

AirPodsなどの高価格帯の完全ワイヤレスイヤフォンと比べても、余程のこだわりがない限り、遜色ないのではないでしょうか?

 

個人的に、高価格のイヤフォンは、傷がつかないようにだったり、壊さないようにケースにしまったり、なにかと気を使うのがネックだと思っています。

 

その点、この価格帯である『Anker Soundcore Liberty』は、傷など気にせず、外でも中でもガシガシと使用できるのが強みです。

 

また、プレゼントなどにもしやすい価格でありますので、ガジェット好きの男性女性へのプレゼントとしてもおすすめですよ。

 

 

 

関連記事