選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【もう手ブレとはさよなら】GoPro HERO8 Black | 新製品 おすすめポイントと価格考察

 f:id:sk96a:20191007213345j:plain

 

アクションカメラと言ったら『GoPro』。もはやその地位は揺るぎないものとなっています。

 

そのGoProシリーズから新製品『GoPro HERO8 Black』の発売が決定しました。

待ち望んでいた方、多いのではないでしょうか?

 

GoProシリーズは、新製品が出る度に新機能の追加おもしろいギミックの追加などで、新製品が出るのが楽しみですよね。

 

その裏で型落ち製品の値下げなどもあり、正直どれを買えばいいのかわからなくなるのも事実でしょう。

 

そこで今回は『GoPro HERO8 Black』に焦点を当て、その詳細スペック新機能、そして価格の面における情報型落ち製品と比較してどうかなど、これからGoProを購入しようという人に有益な情報をお届けします。

 

 

 

 


GoPro: Introducing HERO8 Black — Beyond Next Level

 

 

 

 

発売日

 

2019年10月25日(楽しみですね)

 

 

定価

 

¥55,880

 

 

簡単なスペック

 

  • 【合理的なデザイン】一新されたデザインにより携帯性が向上。底部に組み込まれた折り畳み式フィンガーを使用すれば、マウントを素早く交換できます。新しくなったサイド ドアにより、これまで以上に手早くバッテリーを交換できるようになったほか、レンズの耐衝撃性が 2 倍向上。
  • 【HyperSmooth 2.0】スムーズな映像をさらにスムーズに。HERO8 Black は「オン」、「高」、「ブースト」の 3 つのレベルの安定化機能を搭載しているため、どんな撮影にも最適なオプションで対応できます。可能な限り広い視野角で撮影することも、HERO シリーズ史上最もスムーズなビデオにレベルアップさせることもできます。さらに、HyperSmooth (ハイパースムーズ) はすべての解像度とフレーム レートで動作し、アプリ内水平維持機構も備えています。
  • 【TimeWarp 2.0】アクティビティの間中ずっと動いていても、安定感抜群のタイム ラプス ビデオが撮影できます。さらに、TimeWarp 機能により、動き、シーン検出、照明に基づいて速度が自動的に調整されます。通常速度まで速度を落として、面白いシーンをじっくり楽しむことも、タップして速い速度に戻すこともできます。
  • 【HERO8 Black モジュラー】フラッシュ、マイク、LCD スクリーンなどのアクセサリーも取り付け簡単。ビデオブロガー、プロの映像制作者、気鋭のクリエイターを驚かせる多彩な映像表現が可能になります。別売りのメディア モジュラーを追加すれば、簡単に映像品質をアップできます。
  • 【主な仕様】 ビデオ: 4K60、2.7K120、1440p120、1080p240 など / ループ映像 / 8 倍スローモーション   写真: 12 MP / シングル フォト / ナイト フォト / LiveBurst (ライブバースト) / 30 fps 連写 / RAW   タイム ラプス: TimeWarp (タイムワープ) ビデオ / タイム ラプス ビデオ / タイム ラプス フォト / ナイト ラプス ビデオ / ナイト ラプス フォト 

 (Amazon引用)

 

 

おすすめポイント

 

まず、アクションカメラで非常に大事な手ブレについて。GoPro HERO8 Blackは『HyperSmooth 2.0』を搭載することで、動画の安定性がバツグンに改善しました。

 

またその『HyperSmooth 2.0』はすべてのフレームレートと解像度で使用できるという仕様になっています。このような安定性を追求した機能は、フレームレートや解像度で制限がかかることが多いので、制限がないのは個人的に大きいと思いますね。

 

またこれだけでなく、新機能の『ブーストモード』もあり、安定性が大きく改善しているようです。GoPro曰く、ジンバルを使ったかのようななめらかな動画が撮れるとのことです。ここらへんでDJIを明らかに意識しているようですね。

 

まぁ、アクションカメラユーザーが求めている要求を上手く満たしてくるところは、さすがGoProといったところでしょうか。

 

もう一点、GoPro HERO8 Blackの特徴をあげるとするならば『モジュラー』。いわゆるオプション製品についてでしょう。

 

『メディアモジュラー』では、画像のように『ショットガンマイク』『Type-C HDMI出力ポート』『3.5mm外部マイクアダプターポート』『上部と右横2つのコールドシューマウント』を追加できます。

f:id:sk96a:20191007214115j:plain

機能をどんどん追加できるシステム、男心くすぐられますし、なんだかワクワクしますよね。しかし、これまで標準装備だったHDMIポートがオプションになったのは、少し残念でした。

 

『メディアモジュラー』は12月より予約注文受付開始のようです。GoPro HERO8 Blackの発売と同時でなかった点は少しマイナスポイントかと思います。

 

次のモジュラーは、『ディスプレイモジュラー』です。

f:id:sk96a:20191007214239j:plain

個人的に、これが一番ツボです。本体に1.9型のディスプレイを装着することができます。これをつけれるかつけられないかで、使い勝手が大きく変わります。ただ、『ディスプレイモジュラー』も12月より予約注文受付開始のようです。

 

最後のモジュラーが、『ライトモジュラー』です。

 

f:id:sk96a:20191007214529p:plain

 

LEDライトを取り付けられるだけみたいですね。小さいけど十分な明るさを放ってくれそうなライト、個人的にかわいくて好きです。ただ、日本国内の発売日は未定のようです。

 

全体的に魅力的な製品に仕上がっており、HERO9になるときに追加する機能はないんじゃないかと心配になるくらいです。個人的な視点ですが、HERO7とHERO8で価格を見てどちらに決めるかが難しそうな気がします。

 

 

こんな人にオススメ

 

アクションカメラデビューしたい人

 (今買うならコレです!)

 

もちろん旧型からの買い替えもオススメします。

(正直、HERO7からは変えなくていいと思います。)

 

 

買い時調査

 

前モデルである『GoPro HERO7』は、およそ一年前、2019年9月終わり頃に発売が開始され、半年間(2019年4月頃)まではほぼ値下がりはしませんでした。

 

その後、徐々に価格が下がり始め、2019年6月頃に定価の7000円ディスカウントされた47000円で販売されるようになりました。

 

ここから考えると、『GoPro HERO8』も半年ほどは、定価55880円で販売し続け、半年後である2020年5月頃から徐々に値が下がり始めることが予想されます。

 

また、『GoPro HERO8』の発売が発表される少し前から『GoPro HERO7』はグンと価格が下がり、今は40000円という価格で販売しております。

 

これらの情報から、『GoPro HERO8』が欲しい方は、①今すぐ定価で購入する②半年ほど価格の動向をうかがう、のどちらかにすることをオススメします。

 

もしくは、今すぐ安い価格でGoProが欲しいという方は、新製品の登場により価格がかなり低下した『GoPro HERO7』を購入することをオススメします。

 

個人的に、7と8の違いは、「手ブレ機能の差」と「8はモジュールが楽しそう」という点が大きいかと思います。

 

一応、『GoPro HERO7』のリンクも張っておきます。

(8と間違わないでくださいね!)

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

『GoPro HERO8』、誰しも心躍る製品に仕上がっているのではないでしょうか?

 

個人的には、一家に一台ウェアラブルカメラはあっても損しないのでは?と思うほど、ウェアラブルカメラは遊べる上に、価値がある製品であると思います。

 

そのウェアラブルカメラの先駆者であり、いまもその先頭を行き、シェアもトップであるGoPro。買って、絶対損はしない製品です。

 

 

 

 

関連記事

 

allomakase.hatenablog.com