選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【強力手ブレ補正搭載】GoPro MAX| 新製品 おすすめポイントと価格考察

f:id:sk96a:20191007223317p:plain

 

正直、この動画を見るまで、買うなら『GoPro HERO8 Black』かな?と思っていました。

 


GoPro: Introducing MAX — Ignite Your Creativity

 

どうですか?動画がどうたら、手ブレがどうたらいうより(後でどうたら言いますが・・・)この動画を見ただけで、『GoPro MAX』欲しくなっちゃいませんか?

 

そんな魅力たっぷりのGoPro MAXですが、その詳細スペックや機能、そして価格の考察などを記事にしたいと思います。

 

発売が待ち遠しいですね!

 

・3つの広角レンズを搭載

・360°映像の撮影が可能

・強力な手振れ補正機能『MAX HyperSmooth』搭載

 

かなり買いの『360°カメラ』に仕上がっていますよ。

 

 

 

 

 

 

発売日

 

2019年10月25日

 

 

定価

 

¥67,100

 

 

簡単なスペック

 

  • 3つのカメラがひとつに】定番の HERO テクノロジー。魔法のような全天球撮影。強固な安定化機能。GoPro のクリエイティビティを極めた MAX (マックス) をチェック。従来の GoPro ビデオや写真を撮影したり、周囲のすべてを 360 度映像で撮影したり。ポイント & クリック で、パンしなくてもパノラマ写真の撮影が可能。デジタルレンズを選択して、イメージどおりの映像を捉えましょう。さらに、6 つのマイクを搭載し、GoPro 史上最高の臨場感あふれる 360 度オーディオを実現。
  • 【Max HyperSmooth】MAX は、180 度撮影を究極のバッファとして活用。強固な安定化機能を実現しました。【水平維持機構】HERO モードでは、革新的な水平維持機構により、 横向きになっても、 宙返りをしても、お子さんと追いかけっこをしているときでも、シルクのように滑らかなシネマティックスタイルの映像を獲得できます。
  • 【PowerPano】 パンせずにパノラマ映像を実現。カメラを水平移動させることなく、 270° 歪みのない驚異的なパノラマ写真が撮影できます。モーション撮影も、最高の自撮りも思いのまま。【デジタルレンズ】HERO モードでの撮影に選べる 4 つのデジタルレンズ。狭角、リニア、 広角、そして最も広い Max SuperView (マックス スーパービュー) で、ビデオや写真が撮影できます。
  • 【Max TimeWarp】アクティビティの間中ずっと動いていても、安定感抜群のタイムラプスビデオが撮影できます。HERO モードでは、TimeWarp 機能により、 動き、シーン検出、照明に基づいて速度が自動的に調整されます。通常速度まで速度を落として、面白いシーンをじっくり楽しむことも、 タップして速い速度に戻すこともできます。【直感的なタッチスクリーン】スムーズな操作を実感してください。タッチスクリーンで、カメラを簡単にコントロール。HERO モードでは、写真のフレーミング、映像の再生、自撮りの撮影などもできます。
  • 【高品質の 360 度 + ステレオ オーディオ】6 つのマイクによるリアルな 360 度オーディオが、GoPro 史上最高のステレオサウンドを実現。【指向性オーディオ 】HERO モードの指向性オーディオにより、どのレンズを使用していても、カメラのどちらからの音声でも優先することができます。ビデオブログに最適です。

(Amazon引用)

 

 

おすすめポイント

 

まず好印象な点として、GoPro HEROシリーズ的な使い方も、360°カメラとしての使い方もできるということです。

 

レンズを1つ使ってGoPro HEROシリーズのダイナミックな映像を撮ることもできますし、レンズを2つ使うことで、360°のこれまで撮ることのできなかった映像を撮ることができます。

 

これまでGoPro HEROシリーズを活用されていた人でも、もっとおもしろい画角で映像を撮りたいと思っていた方は試す価値は大アリです。

 

またこのタイプのカメラに付きまとう手ブレの問題も、『MAX HyperSmooth』機能の強力な手ブレ補正により解消されます。上に張った映像を見ていただければ一目瞭然ですね。

 

また、GoPro至上最も広角であるという『Max SuperView』という画角も使用でき、より様々なシーンに対応できると思います。

 

さらに、防水6つのマイク搭載の360°サウンド音声コントロール可能などの性能により、さらに使用用途の幅が広がりそうです。総じて、自撮りや普段のちょっとした場面でも、いつもよりおもしろい映像が撮れること間違いなしです。

 

YouTuberやVlog用途の方に売れるのではないかと思います。

 

普段映像をあまりとらない人が、動画を撮り出すキッカケとしても、このカメラは優秀なのではないでしょうか。

 

お子さんがいる家庭でも、おもしろい映像が残せそうな気がします。

 

 

こんな人にオススメ

 

映像はもっとダイナミックに!人とは違う映像を残したい人

 

 

買い時調査

 

正直、欲しい人の買い時は『今』です。

 

ただ、お金が湯水のように使える人以外には、価格動向を読むことを本サイトはオススメしています。

 

前モデルである『GoPro Fusion』は、2019年4月頃に発売が開始され、およそ88000円で販売を開始しました。

 

しかし、その二週間後に10000円程、価格の低下があり、さらに二か月後にはそこから10000円程の価格の低下がありました。

 

そこから考えると、本製品『GoPro MAX』も早いうちに価格が落ちることが予想されますが、本製品は67100円(GoPro Fusionの初期価格より20000円安い)を定価としているために、早いうちの価格低下は見られないと考えられます。

 

おそらく、今回のGoPro MAXは、過去のGoPro Fusionの価格変動を基準に設定されているのでしょう。

 

そういう目で見ると、その後、GoPro Fusionはおよそ一年間、価格の変動はほとんどありませんでした。

 

つまりは、GoPro MAXも、一年程度は価格の低下が見られないものと思われます。

 

また、GoPro Fusionは2019年8月(1年と4か月後)に大幅に価格が落ち始めました。

 

最安値で35500円です。

 

そう考えると、2020年の年末頃に、年末年始商戦にかけて、GoPro MAXの価格が落ちることが予想されます。

 

ここから、GoPro MAXが欲しい人は①一年待てない(2020年年末)のなら定価で購入②ディスカウント価格で買いたいのならおよそ一年間待つ、というどちらかの選択になると考えられます。

 

また、前モデルである『GoPro Fusion』は、2019年10月7日現在でAmazon価格¥43,800で購入できます。

 

GoPro Fusionは、GoPro MAXより少しサイズが大きく、モニターの場所や手ブレ補正の点で劣りますが、とてもいい製品です。

 

お安くなっている今、型落ちである『GoPro Fusion』を購入するのもアリかと思います。一応、『GoPro Fusion』のリンクも張っておきます。

 

 

 

まとめ

 

『GoPro MAX』、絶対に遊べて、絶対に使える製品になっています。

 

360°カメラという、まだまだ必需品とは言えないジャンルの製品ではありますが、今だからこそ他人と被らずドヤ顔するチャンスでもあります!

 

他人とは違う画角で、他人とは違う世界を、他人とは違う映像として簡単に残すことできる時代となりました。上に張った映像が、この製品の良さとひとつ先の世界を行く映像感を伝えてくれていると思います。

 

所有欲を満たし、また新しい映像の扉を開いてくれる『GoPro MAX』。是非、価格が落ちるのを待ってからじゃなくまだホットな内に遊びつくすことをオススメします。

 

 

 

 

関連記事

 

allomakase.hatenablog.com