選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【初ドローンは199g】DJI Mavic Mini|新製品 おすすめポイントと価格考察

【初ドローンは199g】DJI Mavic Mini|新製品 おすすめポイントと価格考察

 

空撮に興味のある読者の皆さま!待望のDJIの新商品が、発売開始になりました。

 

その名も『Mavic Mini』

 

「空撮始めてみたいなぁ」

 

そんな人にベストマッチの『日本特別モデル』となっています。

 

これまでドローンを始めるにあたり、心配事項であった①飛ばせる場所②価格③サイズ感④性能、それら4つの事項に、最適な答えをDJIが製品として出してくれました。

 

・なんといっても重さ199g!200g未満にすることで得られる利点とは?

・初心者歓喜!空撮に手が伸びる価格設定

・さすがDJI!価格を抑えても手を抜かない性能

 

個人的に『初心者はこれ以外に選択肢はない!』と思うほどに、価格と性能のバランス、そして199gという重さに、魅力を感じました。

 

これらについて、以下細かくお話していきます。空撮を始めてみたいなぁと思っていた方!要チェックです!

 

 

 

 

 

 

 

発売日

 

2019年11月中旬

 

 

定価

 

スタンダード版

¥46,200

 

フライモアコンボ

¥59,400

 

 

簡単なスペック

 

  • 200 g以下の重さ
  • 360°プロペラガードを装着する
  • 最大2 kmまでのHD動画伝送に対応
  • 最大18分の飛行お楽しみ

(Amazon引用)

 

 

おすすめポイント

 

まず、なんといっても重量が『199g』であることの利点からお話ししましょう。

 

ドローンを選択するとき、重量が200g未満か、それ以上かで、ひとつの線引きがされます。

 

重量200gのドローンは『航空法』の規制外となるのです。

 

これがどういうことかというと、200g以上のドローンにくらべると、200g未満のドローンは比較的自由に飛ばすことができるのです。

 

最近話題になっていますよね?ドローンを飛ばしちゃいけないところで飛ばしている人がいるニュースなんかよく聞くと思います。

 

もちろん、様々な規制があるため、Mavic Miniもどこでも飛ばせるわけではありません。ただ、その規制は比較的緩くなるということは事実です。

 

良くも悪くも、DJIは航空法の規制を逃れるためにもあえて『日本特別モデル』として199gというスペックで、販売してきたのですね。

 

これは、普段からドローンで空撮をしている人だけでなく、これから空撮を始めたいと思っていた人にとっても朗報だと思います。

 

ドローン初めての人って、ここ最近のニュースなどもあり、「飛ばしちゃダメなところで飛ばしちゃわないか」とか、「知らずに変なところで飛ばして怒られるんじゃないか」とか考えちゃいますよね。

 

ある意味、そういう初心者の気持ちへのDJIの回答が、この199gなのだと感じました。

 

それなら、「これまで200g以下のドローンってなかったの?」と思いませんか?

 

もちろんあります!それは一般的に『トイドローン』などと呼ばれ、かなり小さいサイズのドローンになります。

 

なら、「そのトイドローンと今回のMavic Miniは何が違うの?」と思いませんか?

 

答えは『トイドローンとMavic Miniは性能が全く違う』になります。

 

トイドローンは、もちろんサイズが小さく、比較的価格を抑え、それゆえ性能もあまり高くないものがメインでした。どちらかといえば、手軽にドローンを使ってみたい人向けの製品で、そのため200g以下の製品が多数を占めていました。

 

では「Mavic Miniは?」となりますよね。

 

ここからはMavic Miniの性能について書いていこうと思うのですが、先に言っておきます。

 

サイズ・重量はトイドローンの領域にありながら、性能は一般的に空撮に用いられるドローンのレベルにあります。

 

つまりどういうことかというと、これまで200g以上でないと出せなかった性能を、200g以下で達成したことに大きな意味があるのです。

 

DJI Mavic Mini

 

では性能に関することを詳しく見ていきましょう。

 

とにかく、空撮をするために必要十分な条件を満たしている点が挙げられます。もちろん、その小さいサイズと重量から、DJIの上位機種と比較すると見劣りはするものの、物足りなさは感じない性能を有しています。

 

まず、飛行の安定性から。

 

小型ではありますが、その体躯からは考えられないほど、パワフルな機動性と操作性の良さから、かなり安定しています。

 

DJI Mavic Mini

 

正直、安物のドローンって、安定性がないんです。フラフラするとまではいきませんが。

 

Mivic Miniは本当にそこらへんの問題はありません。ある程度の強風くらいなら、スイスイと、力強い飛行性能を見せてくれます。さすがDJIが満を持して出してきただけあるなといったところでしょうか。

 

また、飛行の安定性だけでなく、空撮に対しての安定性は、やはり他メーカーを圧倒しています。

 

DJIお得意の『3軸ジンバル』により、本当になめらかで安定した映像を、簡単に撮ることができます。

 

DJI Mavic Mini

ここらを199gという制約の中、搭載してきたDJIはさすがとしか言いようがないですね。

 

動画解像度は、最大2720×1530/30pに対応で、必要十分といったところでしょうか。

 

最大飛行時間は18分になっています。

 

ざっくりと、このように魅力的な性能を、小さなボディに詰め込んできているわけです。

 

本体サイズは、折りたたんだ状態で82(幅)×57(高さ)×140(奥行)。

 

DJI Mavic Mini

 

展開時が202(幅)×55(高さ)×160(奥行)。

 

DJI Mavic Mini

 

プロペラ込みで290(幅)×55(高さ)×245(奥行)となっています。

 

感覚的には、スマホサイズといったところでしょうか。

 

DJI Mavic Mini

 

このサイズ感のおかげで、サッとバッグに入れて、どこへでも連れていけるのですね。

 

高スペックなドローンをどこへでも!ワクワクしますね。

 

もちろん上位機種と比べて、削除されている機能や性能的に劣っている部分もあります。ですがあえてそれはここでは書きません。

 

重要なのは、最も持ち運びに優れ、自由度が高く、そして高性能のドローン『Mavic Mini』であるということです。

 

もちろんドローン初挑戦の方へのエントリー機として、ドローン上級者の方への自由度の高いサブ機として、どんな人にでも魅力のある製品となっています。

 

これで、本体価格は5万円を切ってくるところもまた嬉しい点ですね。

 

付属品はこんな感じです。

 

DJI Mavic Mini

 

ちょっと奮発してクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントに!もちろん自分へのご褒美にも、Mavic Mini、良いのではないでしょうか?

 

DJI Mavic Mini

 

とにもかくにも、DJIが満を持して199gという重量で日本に特別投入するMavic Mini!

 

新たな層を空撮に取り入れることは必至でしょう。

 

 

こんな人にオススメ

 

空撮にチャレンジしてみたい!一機目のドローンをお探しの人

 

いつでもどこでも空撮したい!より制約なく、様々な場所で空撮したい人

 

 

買い時調査

 

DJIのドローンの価格変化を追うと、意外に価格変動している事がわかりました。

 

例えば、本製品に一番近いサイズのドローンである『DJI Spark』の価格変動について考えます。

 

DJI Sparkは初値では65,000円程度で販売されていた製品ですが、一年後までに徐々に値を下げ、50,000円程度の価格に落ち着きました。

 

最安値でいうと、40,000円くらいまで下がっております。

 

ここから考えると、Mavic Miniもこれから徐々に価格を落としていくことが容易に考えられます。

 

現在、Mavic Miniは発売されて一ヶ月程度経過していますが、これまでの最安価格は定価から5,000円くらい安い値段を示しています。

 

ここまでをまとめると、Mavic Miniも価格変動が大きいので、しっかり価格変動を見守って購入した方が無難だと思います。

 

最低でも、定価での購入はオススメしません。

 

ここから一年間くらいは、41,000円くらいの価格であったら買いであると思います。 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

小さなサイズ、199gという重さ、それに見合わないくらいの性能。どこにでも連れて行きたくなる相棒になるのは必至でしょう。より簡単に、よりフットワーク軽く、そしてよりお金をかけず、空撮にチャレンジできる時代になったんだなぁとしみじみ思います。

 

Mavic AirやMavic 2 Proに最初から手を出すのもアリだとは思うのですが、一台目は10万円以下、むしろ5万円以下でも買えるMavic Miniがいいのではないかと個人的に思います。

 

高い自由度、高いフットワーク性が、初心者のドローンに対して感じる『難しさ』みたいなものを、消してくれる、またそんな良さがMavic Miniにはあるのではないかと思います。

 

空撮チャレンジ、メーカーはDJI、機種はMavic Miniで決まりでしょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

allomakase.hatenablog.com

allomakase.hatenablog.com