選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【入門機に最適】完全ワイヤレスイヤフォン JVC HA-A10T|新製品 おすすめポイントと価格考察

【入門機に最適】完全ワイヤレスイヤフォン JVC HA-A10T|新製品 おすすめポイントと価格考察

 

【これ6,000円で買えちゃいます!】

 

最近、完全ワイヤレスイヤフォン市場が熱いですね!どのメーカーも完全ワイヤレスイヤフォン出してきています。それくらいに、この市場はかなりホットです!

 

そんな中、今回はJVC完全ワイヤレスイヤフォン『HA-A10T』をご紹介します。

 

 

 

 

 

先に言っておきます!

 

本製品、なんと6000円でおつりがきちゃいます。

 

・なんと言ってもコスパ!入門機に最適

・欲しくなるデザインとカラーバリエーション

・防水対応で、運動時の汗や突然の雨も大丈夫!

 

最近では、イヤフォンジャックが廃止される傾向があり、音楽を聴くなら仕方なくBluetooth接続になってしまうという人、多くなってきました。

 

しかしながら、完全ワイヤレスイヤフォンは高価なモノが多いのです。

 

本製品は、「高価なモノでなく、ある程度の価格に抑えたい!」という人にオススメできる製品です。

 

本記事を見ていただければ、「これでいい」じゃなくて「これが良い!」と思っちゃうくらい、魅力的な製品になっていますよ。

 

では、以下、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

発売日

 

2019年11月上旬

 

 

定価

 

¥5,959(税込)

 

 

簡単なスペック

 

  • シンプルな形状でありながら耳にしっかりとフィットする本体デザインを採用。カラーバリエーションは、幅広いファッションとのコーディネートが楽しめるブラック、インディゴブルー、ミスティグレイ、ダスティピンクのカジュアルな4色をラインナップ。
  • 左右本体のワンボタンによる簡単操作で、ボリューム調整/再生/一時停止/曲送り/曲戻しが行えます。
  • 本体のみで約4時間※2の連続再生と充電ケースによるフル充電(約4時間※2x2.5回)を合わせて合計約14時間※2の長時間連続再生が可能です。15分の充電で約1時間※2の連続再生が可能なクイック充電にも対応しています。※2: 当社調べ。使用条件により変わります。
  • JIS保護等級5級(IPX5)相当の防水仕様で、汗や雨などに強いのはもちろん、使った後はそのまま水洗いも可能。いつも清潔な状態で使用できます。
  • 本体の操作ボタンは音声アシスタント機能の起動にも対応※3。内蔵マイクによりハンズフリー通話も可能※3です。※3:接続機器の仕様により、対応していない場合があります。

(Amazon引用)

 

 

おすすめポイント

 

まず、なんと言っても『価格』に着目したいと思います。

 

完全ワイヤレスイヤフォンで6,000円きっちゃいます!

 

いい時代になりました。

 

完全ワイヤレスイヤフォンを持っていない人にとって、かなり手に取りやすい価格設定だと思います。そういった意味で、本製品の役割は『入門機』であると筆者は思っています。

 

「完全ワイヤレスイヤフォン使ってみたいけど、あまり高い金額は出せない」

 

そういった人には、JVCケンウッドの製品が6000円をきる価格で手にできるとしたら、魅力的ですよね。

 

その価格帯から、ご自身用に購入するのも良いと思いますが、お子さんやお友達へのプレゼントなんかにも喜ばれると思いました。

 

正直に話しますと、これ6000円きる製品だとは思いませんよ。

 

おすすめポイント

 

流行中のAirPodsが欲しいと言っているお子さんには、こちらの方がかわいいし、コスパもいいので、本製品をプレゼントしてもいいのでは?と思います。

 

ここまでは価格についてメインで見てきましたが、製品の特徴についても見ていきたいと思います。

 

まずは、音質の面から。

 

「高磁力ネオジウムマグネットを採用した高音質ドライバーを搭載し、パワフル&クリアなサウンドを実現」

 

簡単に言うと「しっかりしたドライバーを搭載しているため、音質は必要十分ですよ!」ということが言われています。

 

ただ、音質に関しては過度な期待は禁物です。でも、どこぞの謎メーカーが出している格安イヤフォンとは、別格の音質ではあるとは言えます。

 

次に注目したいのは、スマートフォンとの接続関係

 

こちら、最新のBluetooth5.0接続で、安定したワイヤレス接続ができます。

 

完全ワイヤレスイヤフォンの弱点がこの接続性で、音が遅れたり、途切れたりすることが、これまでの機種は多かったのは否めません。その点を大幅に改善したのがBluetooth5.0接続です。

 

正直、音質うんぬんより、完全ワイヤレスイヤフォンを買う時に注意したいのはこの接続性です。

 

だってめちゃくちゃいい音質でも、音楽が途切れたり音の遅延があったら、その製品欲しいですか?聞くまでもないですよね。

 

また、それだけじゃなくて、Bluetoothのアンテナを、最適化(一番良いところにアンテナをつける)することで、さらなる接続安定性を達成しています。

 

そういった点で、「本製品は接続安定してますよ!」ということを声を大にして言っておきます。

 

次に注目したいのが操作性

 

初めて使う人にも優しい、簡単な操作方法をとっています。

操作は、本体左右についているボタンひとつのみで行います。

 

完全ワイヤレスイヤフォン JVC HA-A10T

 

ボタンをポチポチ押すことで、ボリューム調節、再生、一時停止、曲送り、曲戻しが行えます

 

また、一度ペアリングを済ませたスマートフォンであったら、本体をケースから出すだけで自動でワイヤレス接続、ケースにしまえば電源が切れるという、人に優しい設計になっています。

 

低価格帯の製品であっても、ここら辺の機能がバッチリついているのは非常に好印象ですよね。

 

また、スマートフォンの音声アシスタント機能の起動や、ハンズフリー通話も可能という点はも見逃せないと思います。

 

完全ワイヤレスイヤフォン JVC HA-A10T

 

ここにさらに、IPX5の防水機能がついているので、「これ本当に6000円で買えるの?」なんて思ってしまいました。

 

バッテリー関係は、充電ケース込みで14時間の再生可能と、高価格製品と比較すると少し見劣りしますが、普段使いでは支障はないでしょう。

 

まぁその点は、15分の充電で1時間再生できるという『クイック充電機能』が搭載しているため、補えるのではないかと思います。

 

イヤーピースはS、M、L、各2個付属し、自分の耳にしっかりフィットするという点でも、スキがないなといった印象を持ちました。

 

最後に、デザインカラーバリエーションについて。

 

小型であるにも関わらず、特徴的な艶消しカラーのボディーは、装着するといい意味で結構目立ちます。

 

とにかく見た目がかわいいんですよね。

 

カラー展開は、ブラック、インディゴブルー、ミスティグレイ、ダスティピンクの4色で、男性、女性、大人、子ども関わらず、好きな色をチョイスしていただけます。

 

完全ワイヤレスイヤフォン JVC HA-A10T

 

筆者個人としてはインディゴブルー押しです。

 

最後にもう一度言わせてください。

 

本製品、6000円でおつりがきます!

 

これだけ押さえるところはしっかり押さえた製品が、この価格とは、かなりの高コスパ製品だと思いました。

 

初めて完全ワイヤレスイヤフォンを購入しようと思っている人、イヤフォンをプレゼントしようと思っている人、是非ともご検討ください。

 

 

こんな人にオススメ

 

初めての完全ワイヤレスイヤフォン選びに迷っている人

 

プレゼントとして完全ワイヤレスイヤフォンを探している人

 

 

買い時調査

 

正直、6000円をきる価格設定とそのコスパから、なかなか価格の低下は見込めないと思います。

 

そのため、いつが買い時かと聞かれたら、欲しいと思った時が買い時であると言うしかないでしょう。

 

セール価格になったとしても、1000円程度の値引きであると予想されるため、それくらいの価格差だったのなら、セールを待つよりは今購入といったところではないでしょうか。

 

また、大幅な価格の低下が見込めるのは、本製品の次のモデルが出たときであると考えられるため、それを待つのはナンセンスかなとも思います。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

高いコスパと機能性、「これがいい!」と思っていただけたと思います。

 

個人的には、デザインとカラーが好きで、どの色にしようと迷ってしまうくらい、どれも魅力的だと感じました。

 

なんども書きますが、入門機として最適な製品になっています。初めての完全ワイヤレスイヤフォンの選択肢のひとつとして、ご検討いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

allomakase.hatenablog.com

allomakase.hatenablog.com

allomakase.hatenablog.com
allomakase.hatenablog.com