選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【禁煙後3年経過】禁煙のメリット・デメリット計16選|実感したことだけお教えします

【禁煙後3年経過】禁煙のメリット・デメリット計16選|実感したことだけお教えします

 

禁煙中の皆さま、禁煙しようとお考えの皆さま。

 

もしくは、禁煙にチャレンジするために、禁煙のメリットやデメリットをお探しの皆さま。

 

あなたはなぜ禁煙する必要があるのですか?

 

・お金がかかるから?

・健康に悪いから?

・人がやめた方が良いと言うから?

 

禁煙の必要性を聞かれたら、恐らくこのように答える方が大多数だと思います。

 

だって、世間は「禁煙!禁煙!」とはやし立て、それがあたかも正義のように取り扱っていますからね。

 

喫煙者の皆さまは、きっと肩身の狭い思いをされていることと思います。

 

でもね、現実問題、禁煙にはとても多くのメリットがあり「たばこを辞めることは恐らく正解」で、それは喫煙者の皆さまもそう感じているのではないでしょうか?

 

でもでも「禁煙を始めたら、きっと良くないことだってあるはずだ!」・・・そういう風に思いになられる方も中にはいらっしゃると思います。

 

そこで、今回、そんな皆さまへ、筆者(プロフィールはこちら)である僕が実際に禁煙してみて体感した「禁煙のメリット・デメリット」をご紹介していこうと思います。

 

ちなみに僕は、2017年1月に『禁煙』を開始し、現在2020年1月まで継続しています。(※更新中です、2020年9月現在)

 

まず、最初に言っておきますね。

 

禁煙のメリット・デメリットに関して、圧倒的にメリットの方が大きいです。

 

禁煙して良かったことはたくさんあっても、悪かったことはほとんどありません。

 

・禁煙に対するモチベーションが欲しい人

・禁煙を始めるキッカケが欲しい人

 

そんな人には参考になる記事となっています。

 

特に、まだ禁煙を始めていない人には読んでいただきたいと思っています。

 

禁煙をすると「自分にはこのような変化が待っているんだ」という見方で記事を読み進めていただければ幸いです。

 

なぜ禁煙するの?」と聞かれたとき、あなたがすぐに「◯◯のためです!」と答えられるように、禁煙に成功した生の声をお届けします。

 

 

 

 

禁煙のメリット

 

禁煙のメリット

 

まずは禁煙のメリットから。言わずもがな禁煙のメリットは山のようにあります。

 

そのメリットのひとつひとつが『禁煙をして良かった』と心の底から思わせてくれます。

 

健康のためだけではない『禁煙のメリット』。ひとつづつ見ていきたいと思います。

 

 

嗅覚、味覚が正常になる

 

嗅覚、味覚が正常になる

 

禁煙をして「最初に感じるメリット」がコレだと思います。

 

嗅覚が正常に戻り、臭いに対して敏感になります。

 

簡単に言うと、臭いが気になるようになります。特にたばこの臭いが。

 

喫煙していた頃は、嗅覚がマヒしていたんだとつくづく実感しました。

 

そして、味覚も正常になり、食べ物がおいしくなります。

 

ここで食べ過ぎてしまっては体に良くないので、ほどほどにしましょう。

(ちなみに僕は食べ過ぎてしまいました笑)

 

嗅覚や味覚を取り戻すことは、非喫煙者に徐々に変化していっているサインです。

 

禁煙中の方は、コレをモチベーションにしてもいいと思いますよ。

 

健康な身体に変わっていくための「第一歩」だと思います。

 

 

咳や痰が出にくくなる

 

咳や痰が出にくくなる

 

このメリットも、禁煙して早い段階で気づくと思います。

 

あなたの気になる症状のひとつ「咳や痰」。

 

咳がゴホゴホ出るし、痰も絡むし「コレ大丈夫か?」なんて、喫煙者の頃は思っていました。

 

それが、本当にスッキリします。

 

歯磨きの時の「オエッ」ていう症状や、食後のゴロっとした痰も、本当になくなりました。

 

これ以上の禁煙メリットはないんじゃないかと思うほどです。

 

咳や痰がなくなることで、健康的になったと実感できますし、実際に健康的になっているのでしょう。

 

この咳や痰が、将来的には慢性閉塞性肺疾患(COPD)なんかにつながっていくと思いますので、早めに禁煙するに越したことはないですね。

 

 

体臭が少なくなる

 

体臭が少なくなる

 

喫煙者は、たばこによって嗅覚が鈍っている分、自分の体臭に鈍感になっています。

 

もちろん、服に染み付いたたばこの臭いはそうですが、汗の臭い、生乾きの臭いなんかもにも鈍感になっているはずです。

 

そのような臭いに気づけるようになる分、自分で体臭に気をつけるようになり、結果的に体臭が少なくなったと実感しています。

 

自分で自分の体臭に気づけてない人って、客観的に見て本当に悲惨ですよね。

 

是非とも禁煙して、体臭に気づける身体になり、清潔感を手に入れましょう。

 

 

声が出しやすくなる

 

声が出しやすくなる

 

これ、ふと鼻歌を歌っていた時に気づきました。

 

たばこをやめて1か月目目くらいの時期だと思います。

 

「なんか高音が出る!」

 

他の禁煙に成功した人はどうかわかりませんが、自分は実感しました。

 

なぜかはわかりませんが、まず声が出しやすいし、高い声も出しやすいんです。

 

カラオケなんか行って、高音パートがでなくなるとき、喉につっかえるような感覚あるじゃないですか?

 

それが、スーッと抜けるような感覚に変わりました。

 

これ、他のたばこやめた人にも聞いてみたいんですけど、自分だけですかね?

 

 

歯がヤニで汚れなくなる

 

歯がヤニで汚れなくなる

 

たばこ吸ってると、歯がすぐ汚れますよね?

 

特に歯の裏とかすき間とか。

 

当然なのですが、たばこをやめると歯が汚れにくくなります。

 

これって結構重要で、喫煙者が老けて見えるという話はよくありますが、歯が重要なんじゃないかって思ってます。

 

歯って、その人の清潔感を示すパラメータのひとつで、歯が汚い人で清潔感のある人っていませんよね。

 

そういう意味で、歯が汚れにくくなることは大きなメリットだと思います。

 

 

お金の節約

 

お金の節約

 

1日にたばこ1箱消費していた僕にとって、お金の問題は大きかったです。

 

1日に約500円ほど節約できる計算ですからね。

 

僕の場合は、2020年1月現在で、50万円ほど節約できた計算になります。

 

3年で50万円。小さな額ではありませんよね。

 

でも体感としては、そんなに自由に使えるお金が爆増するといったものではありません。

 

たばこやめる前は「たばこやめたらお金に余裕ができるんだろうな~」とか考えてましたけど、そこまで大きな変化はなかったです。

 

でも節約できるのは事実。

 

大きくはないですが、今まで無駄にしていたお金を有意義に使うことができます。

 

 

 

たばこに縛られなくなる

 

たばこに縛られなくなる

 

喫煙者あるあるですが、喫煙者には「どこに行っても喫煙所を探す」という習性があります。

 

禁煙をして「喫煙所を探すこと」に縛られなくなりました。

 

それがどれだけ楽か!

 

喫煙所のためならば、喫煙者はショッピングモールの端から端まで行きますからね。

 

また、1回たばこを吸うのに、少なくとも5分くらいかかります。

 

その時間にも縛られずに済むようになりました。

 

本当に楽ですよ。

 

喫煙者の方は自分で気づけていないだけで、「たばこ中心の生活」になっています。

 

たばこに縛られずに済む、へたしたらこれ以上のメリットはないかもしれませんね。

 

 

 

そわそわ感を感じなくなる

 

そわそわ感を感じなくなる

 

たばこをやめて、そわそわすることが少なくなりました。

 

例えばこんなこと。

 

「たばこあと5本しかないけど持つかな?」

 

「飛行機に乗るから、たばこ2時間位吸えないけど大丈夫かな?」

 

「今日行くところは喫煙所、ちゃんとあるかな?」

 

なんてこと考えずに済むのです。

 

たばこを吸わない人にはわからないと思いますが、これ本当にそわそわするんですよ。

 

たばこ吸わなくても死ぬはずないのに、なんか「吸わなきゃ死んじゃう」みたいな感覚。

 

喫煙者の方なら分かっていただけると思います。

 

そわそわ感から解放されます。

 

禁煙することで、なんかこう「肩から重い荷物をひとつおろしたような気分」になれますよ。

 

 

部屋が汚れなくて済む

 

部屋が汚れなくて済む

 

部屋でたばこを吸うと、本当にヤニと灰で部屋が汚れます。

 

外で吸ったって、灰皿周りは汚いし、嫌な臭いもします。

 

この「汚さ、汚れ、嫌な臭い」から、一切解放されます。

 

たばこを吸うということは、自分の肺を汚すとともに、いろんな場所を汚しているのです。

 

そして、喫煙者はそれにあまり気づいていません。

 

部屋だけでなく、外でも吸殻を平気でポイ捨てする人もいます。

 

ポイ捨てしない人でも、自分の部屋だったり、いろいろな場所を汚していることを知らなければなりません。

 

これらが、たばこをやめるだけで皆無になるため、気分が良いですよ。

 

自分の清潔感なんかにもつながって、一石二鳥です。

 

 

荷物が減る

 

荷物が減る

 

たばこを吸うためには、たばこライターが必要です。

 

人によっては携帯灰皿

 

スマートフォンと財布だけで外に出たいのに、それに必ずたばこが付き添います。

 

これが喫煙者には当たり前ですが、今考えると「たばことライターはいらない荷物だった」とそのように思います。 

 

 

日々の考え事がひとつ減る|≒集中力が上がる

 

日々の考え事がひとつ減る|≒集中力が上がる

 

僕もそうだったんですが、喫煙者って、常にたばこのことを考えています。

 

これが終わったらたばこを吸おう」とか、「早く仕事を終えてたばこを吸いたい」だとか。

 

頭で使うことのできるメモリ領域の何%かを使って、たばこのことを常に考えています。

 

これって相当無駄なエネルギーを使っていると思いませんか?

 

無意識にたばこのことを考えている頭と、そうでない頭では、できる仕事量は変わってきます。

 

そういう意味では、たばこをやめて、たばこのことを考えないことで、仕事やいろいろな物事への処理能力は大きく向上したように思います。

 

 

自分のまわりの人が喜んでくれる

 

自分のまわりの人が喜んでくれる

 

家族、友達、いろんな人から喜ばれました。

 

これは「他には代えられないメリット」です。

 

このメリットが僕の中では1番嬉しかったといっても過言ではありません。

 

「自分の健康を気遣ってくれる人がこんなにいるんだ」という再確認にもなりましたし。

 

自分のためだけに禁煙するというより、自分の周りの人、特に奥さん旦那さん、そしてお子さんのためを思って禁煙したりすると、このメリットは本当に大きなものになるでしょうね。

 

 

血圧が下がる

 

血圧が下がる

 

喫煙していた頃は高かった血圧が下がり、正常値になりました。

 

少し話がズレるかもしれませんが、僕は血圧を計るのが苦手で、「ドキドキして血圧が上がる」ということが多々ありました。

 

測定中に「血圧高かったら嫌だなぁ」なんて思っていました。

 

自分は喫煙者だし、血圧高くなっているんじゃないかな?」という考えが深層心理であったような気がします。

 

そこで禁煙したら、自分が高血圧であるという心配をしなくてよくなった分、安心して血圧測定ができ、結果的に血圧が下がったのかもしれません。

 

化学的にも、喫煙と高血圧は相関していますので、たばこをやめたら血圧が下がるのは事実で間違いないでしょう。

 

 

疲れにくくなる

 

疲れにくくなる

 

たばこを吸っていた時の口癖が「疲れた」でした。

 

買い物に行っても、旅行に行っても、このセリフ良く言ってました。

 

ツレからしたら、あんまり聞きたくない言葉ですよね。

 

実際にたばこをやめてから疲れにくい身体になり「疲れた」と言わなくなりました。

 

これはたばこをやめてどれくらい経ってからという明確なタイミングはないのですが、気づくとそうなってました。

 

たばこをやめると息もしやすくなるし、たばこのことを考えなくても済むし、そういった意味でも疲れなくなったのかもしれませんね。

 

 

胃腸の調子が良くなる

 

胃腸の調子が良くなる

 

メリットの最後は、胃腸の調子が良くなることです。

 

喫煙は胃を荒らすとよく言いますが、禁煙することで胃の荒れがなくなり調子が良くなったのでしょうね。確かに実感することができました。

 

 

禁煙のデメリット

 

禁煙のデメリット

 

ここからは、僕が実感した禁煙のデメリットを紹介したいと思います。

 

しかし、そのデメリットはたったひとつだけ!

 

禁煙をして良くないと思ったことは『たったひとつだけ』なのです。

 

 

体重が増える

 

体重が増える

 

体重が増えた」、これだけです。

 

おそらく食べる量が増えたのでしょう。

 

また禁煙をすることで「代謝が落ちる」ことも知られていますね。

 

いくつかの要因があるとは思うのですが、68キロくらいだった体重は、78キロくらいまで増量しました。

 

今では元に戻りましたが。

 

ポジティブに考えると、たばこをやめ太ったことで、運動をしようという気持ちになったので結果プラスな気がします。

 

 

まとめ

 

禁煙のメリット・デメリット計16選

 

まとめると、禁煙のメリットは以下になります。

 

禁煙のメリット

・嗅覚・味覚が正常になる

・咳や痰が出にくくなる

・体臭が少なくなる

・声が出しやすくなる

・歯がヤニで汚れなくなった

・お金の節約

・たばこに縛られなくなった

・そわそわ感を感じなくなった

・部屋が汚れなくて済む

・荷物が減る

・日々の考え事がひとつ減る

・自分のまわりの人が喜んでくれる

・血圧が下がる

・疲れにくくなる

・胃腸の調子が良くなる

 

こう並べてみると、かなりのメリットが禁煙にはあることがわかっていただけると思います。

 

この禁煙のメリットは、禁煙をしておおよそ1年以内に実感できたものばかりです。

 

そう考えれば、「急激に良いことがたくさん起こる」ということも禁煙のメリットと言っても良い気がしますね。

 

対して、禁煙のデメリットは体重が増えたことだけ。

 

しかも、この体重の増加は、対策でどうとでもなります。

 

メリットとデメリットを比較しただけでも、どれだけ禁煙が良いことなのかはわかっていただけたかと思います。

 

これだけ言われてしまったら、禁煙をしないことにメリットを感じますか?

 

あとは禁煙を成功させるだけです。

 

あなたの「禁煙の成功」および「禁煙で多くのメリットを手にすること」を祈っております。