選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【保存版】アンカーのロボット掃除機どれを買えばいいか詳しく解説

【保存版】アンカーのロボット掃除機どれを買えばいいか詳しく解説

 

ロボット掃除機をお探しの皆さま。

 

特に「Ankerのロボット掃除機を買おうかな?」とお悩みの皆さま。

 

先に一言、「Ankerのロボット掃除機・・・良いですよ~」。

 

僕自身(プロフィールはこちら)、Ankerのロボット掃除機のユーザーであり、かなりのヘビロテさせていただいております(笑)。

 

そんなこんなもあり、Ankerのロボット掃除機をもっと皆さまに知って、使っていただきたいと、本記事を作成いたしました。

 

 Ankerのロボット掃除機の特徴

 おすすめのロボット掃除機の紹介

 Ankerのロボット掃除機、どんな人におすすめか?

 

そんなところを、ユーザー目線でお話ししていこうと思います。

 

Ankerのロボット掃除機どれを買えばいいかわからん!」という方は、是非とも最後までご覧ください。

 

 

 

 

Ankerのロボット掃除機の特徴

 

Ankerのロボット掃除機の特徴

 

まずはAnkerのロボット掃除機の特徴をお話ししようと思います。

 

何と言っても「価格」です。

 

同スペック程度の他社製品とくらべ、ひと回りもふた回りも安い価格設定となっております。

 

超有名ロボット掃除機「〇ンバ」とくらべると、半分くらいの価格と言っても過言じゃありません。

 

だからと言って、性能に手が抜かれているかと言うと・・・そうじゃないのがAnker製品!

 

価格は安いのに性能はかなり良い・・・つまりは「コスパが高い」という特徴があります。

 

使っていただいたことがある方はお分かりかもしれませんが、Anker製品はロボット掃除機に限らず、コスパが非常に高いです。

 

ただ、そのコスパの高さを最大限に実感できるアイテムが、ロボット掃除機だと僕は思っております。

 

 価格が安い

 コスパが高い

 

この大きな特徴ふたつからかなりの人気で、正直言ってむちゃくちゃ売れております

 

僕自身、その特徴に惚れ込んで、実際に購入した中のひとりです(笑)。

 

 

Ankerのロボット掃除機の選び方

 

Ankerのロボット掃除機の選び方

 

Ankerのロボット掃除機を価格順に並べると以下になります。

 

11S (Max)

15C (Max)

30C (Max)

G10 Hybrid

G30シリーズ(無印、Edge、Hybrid)

 L70 Hybrid

 

下に行けば行くほど価格も高くなり、高性能になります。

 

ザックリ解説すると、「ランクがひとつ上がるごとに、ひとつのメイン機能が追加される」イメージです。

 

ですので、Ankerのロボット掃除機を選ぶときは、ご自身が必要な機能を有している最も安いモデルを購入することをおすすめします。

 

例えば「水拭きができるロボット掃除機」が欲しかったとしましょう。

 

その場合、購入対象になるのはG10 Hybridからになります(G30シリーズは例外)。

 

G10 Hybridの機能に納得し、その上のモデルのL70 Hybridがオーバースペックであると感じたならば、あなたにピッタリのモデルはG10 Hybridになります。

 

本記事では、各モデルについて詳しく解説してきますので、ご自身にピッタリなモデルを選んでいただければと思います。

 

 

無印とMAXの違い

 

無印とMAXの違い

 

Ankerのロボット掃除機は、「無印」と「MAX」とつけられたもののふたつが基本的にあります(ないものもあります)。

 

両者の違いは「吸引力」。

 

無印が1300Paの吸引力に対して、MAXは2000Pa約1.5倍の差があります。

 

つまり「より吸引力が高いロボット掃除機が欲しい場合」はMAXを選ぶ方が良いです。

 

価格差は3,000円程度、MAXの方が高くなっております。

 

 

Ankerのロボット掃除機を大きくふたつに分類する

 

Ankerのロボット掃除機を大きくふたつに分類する

 

あともうひとつ知っていておいていただきたいことが「ロボット掃除機の分類」についてです。

 

Ankerのロボット掃除機を大きくふたつに分類すると以下になります。

 

11S (Max)

15C (Max)

30C (Max)

G10 Hybrid

-------------------

G30シリーズ

L70 Hybrid

 

G10 Hybridと G30シリーズの間に大きな線引きができます。

 

この差が「マッピングができるかどうか」にあります。

 

マッピングについてザックリ説明すると、高性能のセンサーを搭載し、お部屋の様子をマップ化することを言います。

 

お部屋の様子を詳しく把握できるので、より高度な掃除ができるということです。

 

マッピングについて詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

 

 

Ankerのロボット掃除機では、G30、L70 Hybridがマッピング機能を有しています。

 

そのため、価格が高めとなっているのです。

 

Ankerのロボット掃除機は大きくふたつに分類され、そこに大きな差があることを先に知っておいていただきたいと思います。

 

 

各モデル紹介

 

各モデル紹介

 

それでは実際に、Ankerのロボット掃除機を見ていこうと思います。

 

価格が安い順にご紹介していきますね。

 

 

Eufy RoboVac 11S (Max)

 

Eufy RoboVac 11S (Max)

 

Ankerのロボット掃除機で最も安いモデル

 

なんと2021年3月現在、Amazonにて17,800円(税込)ほどとなっております。

 

各メーカー比較しても、コスパ最強と言っていいくらいのロボット掃除機です。

 

機能は必要最小限でありながら必要十分、ロボット掃除機としての役割をしっかり果たしてくれます。

 

最初からあまり高価なモデルに手を出すのはちょっと・・・」という方に、まず本製品をおすすめしたいですね。

 

特にワンルームにお住いの方には、かなりちょうど良い製品だと思いますよ~。

 

 

 

 

 

Eufy RoboVac 15C (Max)

 

Eufy RoboVac 15C (Max)

 

11Sに+α、スマホのアプリ(EufyHome)で自由自在に操作できるようになったのが「15C」になります。

 

スマホから、

 スケジュール設定

 モード変更

 マニュアルコントロール

 

などなど、より便利に、そしてラクに使用できるようになったモデルになります。

 

また、11Sではできなかった「Amazon Alexa」による声での操作も可能になっております。

 

価格は、2021年3月現在、Amazonにて19,800円(税込)ほどとなっております。

 

11Sにプラス2,000円で、スマホ操作が可能になるのでしたら、僕は安いと思いました。

 

ロボット掃除機をスマホから操作したい」という方は、15Cを選ぶといいと思います。

 

 

 

 

Eufy RoboVac 30C (Max)

 

Eufy RoboVac 30C (Max)

 

15Cの性能に加え、「境界線テープ」が使えるようになったモデルになります。

 

 入ってほしくない部屋

 掃除してほしくない場所

 

それらを境界線テープで遮ることで「進入禁止エリア」を作ることができるのです。

 

お子さんがいる家庭・・・入ってほしくない場所ありますよね?

 

もちろんお子さんがいなくとも、入ってほしくない場所がある方は、本モデルおすすめできます。

 

価格は、2021年3月現在、Amazonにて22,800円(税込)ほど。

 

境界線テープが付属しておりますので、その分の価格上昇となっております。

 

進入禁止エリアを設定する必要がない方には、本モデルを購入するのはおすすめしません。

 

 

 

 

Eufy RoboVac G10 Hybrid

 

Eufy RoboVac G10 Hybrid

 

30C +「水拭き」ができるようになったモデルになります。

 

いくら吸引力が強くとも、細かいほこりやごみは床に残ってしまいます。

 

それを解決してくれるのが「水拭き」。

 

通常の吸引による掃除に加え、水拭きすることで床をよりキレイに保つことができます

 

ロボット掃除機で拭き掃除までしてくれると・・・嬉しいですよね~。

 

価格は、2021年3月現在、Amazonにて26,800円(税込)ほどとなっております。

 

30Cにプラス4,000円で水拭きができるとなると、お買い得だと僕は思います。

 

 

 

G30シリーズ(G30、G30 Edge、G30 Hybrid)

 

G30シリーズ(G30、G30 Edge、G30 Hybrid)

 

Ankerのロボット掃除機の中でも最新機種のG30シリーズ

 

 G30

 G30 Edge

 G30 Hybrid

 

これら3機種があります。

 

下位モデルとの違いをあげると、

 スマートダイナミックナビゲーション 2.0搭載で正確な経路判断を行う

 マッピング可で正確なお掃除

 

ここらへんが大きな特徴になりますね。

 

 EdgeとHybridに関しては、

 Edge:G30 + 境界線テープ可

 Hybrid:G30 + 水拭き可

 

こんな違いがあります。

 

下位モデルよりも「ちょっと性能が高い方が良い」って方には、G30シリーズをおすすめします。

 

 

 

 

 

Eufy RoboVac L70 Hybrid

 

Eufy RoboVac L70 Hybrid

 

最後にご紹介するのが、Ankerが誇る最上位モデルEufy RoboVac L70 Hybrid」になります。

 

ちなみに僕自身、このモデルを使用させていただいております。

 

 

なんと言っても「マッピング」ができることが本モデルの大きな特徴で、かなり賢いです。

 

お部屋を瞬時に認識し、最適なルートで掃除をしてくれます。

 

 性能

 時間

 正確さ

 

どれをとっても一級品のロボット掃除機となっております。

 

 床にものがたくさんある

 部屋が広い

 部屋数が多い

 

そんな方々には、本モデル、本当におすすめします。

 

価格は、2021年3月現在、Amazonにて54,800円(税込)ほど。

 

他のモデルよりは少し高い価格設定となっております。

 

ただ、その価格に見合う性能であることは確かコスパはとても高いです。

 

 

 

まとめ

 

まとめ

 

ご自身にピッタリのモデル、見つかりましたでしょうか?

 

ケチって下のモデルを買うのもアレですが、高いものを買いすぎるのもオーバースペックになります。

 

ちょうど良いモデルが一番良いです!

 

ちなみにAnkerのロボット掃除機をまとめると・・・

 

11S (Max):基本のモデル

15C (Max):+スマホアプリで操作可(+2,000約円)

30C (Max):+進入禁止エリア設定可(+約3,000)

G10 Hybrid :+水拭き可(+約4,000円)

G30シリーズ :高性能化(+約0~4,000円)

 L70 Hybrid :+高性能マッピング可(+約20,000円)

 

性能価格、そしてご自身の譲れない点を加味して、選んでいただけたらと思います。

 

ロボット掃除機はあなたの生活をガラッと変えてくれるアイテムです。

 

より快適な生活」、「時短できる暮らし」をお望みの方には、ロボット掃除機かなりおすすめです。

 

その中でも、超が付くほど「コスパ高」なAnkerのロボット掃除機、めちゃめちゃおすすめしますよ~。

 

ロボット掃除機をお探しの方には、以下の記事もおすすめです。