選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【コスパ高】FIFINE K669B徹底レビュー|初めてのUSBコンデンサーマイクにおすすめ

【コスパ高】FIFINE K669B徹底レビュー|初めてのUSBコンデンサーマイクにおすすめ

 

USB接続で使えるコンデンサーマイクをお探しの皆さま。

その中でも「コスパに優れるマイク」をお探しの皆さま。

 

コンデンサーマイク・・・基本的にお高いです。

 

一世代前までは、うん万円・・・なーんてのもザラな世界でした。

 

ただねココ最近、「安くてイイ」そんなコンデンサーマイク、発売され出しました。

 

そのひとつが今回ご紹介しますFIFINE(ファイファイン)の「K669B」というマイク。

 

先に言っちゃいますよ。

 

これ、5,000円しません!

 

でね、それに加えて、

 音質は必要十分

 質感はすごく良い

 USB接続

 使い方はとても簡単

 

こんな特徴のある「ザ・コスパの高いマイク」なのです。

 

そんなところを、実際に使ってみての観点から、

 使い方

 メリット

 デメリット

 こんな人におすすめ

 口コミ調査

 

こんなところをお話ししていきます。

 

マイクをお探しの方!ぜひ、最後までご覧くださいね。

 

 

本記事はFIFINEさまより商品をご提供いただき作成しています。

 

 

 

 

コンデンサーマイクとは?

 

コンデンサーマイクとは?

 

マイクは基本的に以下の2タイプに分類されます。

 

 ダイナミックマイク

 コンデンサーマイク

 

簡単に見た目で分類すると、

 ダイナミックマイク:カラオケで使うやつ

 コンデンサーマイク:スタジオで見るやつ

 

こんなザックリとしたイメージでOK。

 

特徴で分類してみると、

 

 ダイナミックマイク

 感度が低くライブなどで用いる

 そこそこ頑丈

 電源が不要

 価格は安め

 

 コンデンサーマイク

 感度が高くスタジオなどで使う

 壊れやすい

 電源が必要

 価格が高い

 

良い音で録りたいな~」って時に、コンデンサーマイクを使います。

 

ちなみに今回ご紹介する「FIFINE K669B」はコンデンサーマイクの方。

 

でね、「FIFINE K669B」の何が良いかって、コンデンサーマイクのデメリットを解消しているところ。

 

具体的には、この2点

 電源が必要 ⇒ USB接続で解決

 価格が高い ⇒ とってもお買い得

 

こんなところに着目して、記事を読んでいただけたらなって思います。

 

 

FIFINE(ファイファイン)とは?

 

FIFINE(ファイファイン)とは?

 

今回ご紹介するK669Bのメーカーである「FIFINE」についてご紹介します。

 

FIFINEは、2009年に設立されたオーディオを中心に扱うメーカー

 

中でも「マイク」を中心に取り扱い、製造・研究開発を行っています。

 

本社は中国にあり、アメリカ、イギリス、カナダ、日本、ロシアに各拠点があるようです。

 

コスパの高さ」に定評があり、高品質なアイテムを低価格で提供しているという点がポイント。

 

価格を抑えたいけど、品質はイイヤツが欲しい!」ってワガママな方にイチオシのメーカーになります。

 

 

価格

 

価格

 

それでは、「FIFINE K669B」の価格についてまずは見ていきましょう。

 

2021年9月現在、Amazonにて4,599円(税込)となっています。

 

USB接続できるコンデンサーマイクとしては、なかなかお安い価格。

 

初心者の方でも手を出しやすい価格設定となっています。

 

冒頭でもお話ししましたが、この価格でコンデンサーマイクをゲットできるなんて・・・本当に良い時代になりましたね(笑)。

 

一台目のマイクとして、とてもおすすめです。

 

 

開封・外観

 

FIFINE K669B

▲それでは開封していきます。シンプルなホワイトの外箱。

 

FIFINE K669B

▲手のひらと比較するとこのくらいのサイズ感。とても小さいです。

 

FIFINE K669B

▲中身は、本体三脚取説類のみ。むちゃくちゃシンプルですよね。

 

FIFINE K669B

▲取説はしっかり日本語ですので問題ありませんね。

 

FIFINE K669B

▲本体と三脚はねじ込み式で固定します。くるくると固定するだけなので、取り付けは簡単です。

 

FIFINE K669B

▲それでは本体細部を見ていきます。本体からUSBケーブルが出ているだけという簡単な構成になっています。USBケーブルをパソコンに差すだけで準備は完了です。オールブラックマットな質感がグッド。

 

FIFINE K669B

▲マイク部分は金属製!しっかりしたつくりでズッシリとした重量感があります。5,000円以下で買えるなんて思えない外観で、高級感もありますね。FIFINEのロゴがとっても可愛いですよね。

 

FIFINE K669B

▲三脚部分にはノブが付いており、ここでマイクの角度を調整することができます。

 

FIFINE K669B

▲角度調節するとこんな感じ。集音する方向に向けるように調節すると良いと思います。

 

FIFINE K669B

▲三脚部分は高級感があると言ったら嘘になりますが、必要十分でしょう。机と接する部分はすべりにくい素材になっています。

 

FIFINE K669B

▲音量の調節はマイク本体のツマミで調節できます。手元で調節できるのでとても重宝しています。

 

FIFINE K669B

▲マイクの中はこんな感じになっています。

 

FIFINE K669B

▲机に置いてみました。どうです?なかなかイケてると思いませんか?我が家のPCデスクにしっくり馴染みました。サイズ感、素材感ともに気に入りました。

 

 

使い方

 

使い方

 

ぶっちゃけ使い方は超簡単です。

 

 PCにUSB接続する

 後は使うだけ

 

こんな感じ。簡単すぎでしょ?

 

USB接続じゃなかったら、こうも簡単にいきませんよ。

 

ミキサーにつないでファンタム電源とらないといけないですからね。

 

この簡単さは、FIFINE K669Bの大きなメリット。

 

音量調整やON・OFFも手元のノブで一括管理なので、とってもラクに取り扱えますよ。

 

 

メリット

 

メリット

 

それでは「FIFINE K669B」を実際に使ってみて感じたメリットをご紹介します。

 

 

音質は必要十分

 

音質は必要十分

 

実際に使ってみて思ったのは、音質は必要十分であるということ。

 

さすがに、スタジオで使われるような本格的なコンデンサーマイクと比較すれば劣りますが。

 

 自宅で

 個人用途で

 予算を抑えて

 

これら条件で使うためのコンデンサーマイクとして、全くもって文句はありません。

 

むしろ「ここまで良ければOKでしょ!」って感じです。

 

超高音質を目指す方以外は、納得していただけると思いました。

 

 

質感はすごく良い

 

質感はすごく良い

 

音質に加えて言いたいことが「質感」。

 

マイクとしての質感・・・とても良いです。

 

もちろんのこと金属製で、重くはありませんがズッシリ感があります。

 

安っぽさも全くなく、むしろ高級感アリ

 

マットな黒を基調としており、PCデスクでも違和感なく、おしゃれ度を向上させてくれました。

 

置くだけで、かなりテンションあがりますよ(笑)。

 

 

USB接続が嬉しい

 

USB接続が嬉しい

 

コンデンサーマイクのデメリット・・・それが「電源が必要」なこと。

 

通常のコンデンサーマイクは、ミキサー等を介して、ファンタム電源をとらないと使用することができません。

 

これがね、簡単に言ってしまえば「めんどくさい」。

 

だったらダイナミックマイクでいいか」・・・みたいな。

 

でも、その点「FIFINE K669B」はUSB接続なので、電源を簡単にとることができます

 

言ってしまえば、USBケーブルをPCに挿せば「ハイ完了!」です。

 

この「電源のとりやすさと接続のラクさ」は、FIFINE K669Bのメリットになります。

 

 

使い方はとても簡単|音量の調整もラク

 

使い方はとても簡単|音量の調整もラク

 

FIFINE K669B」・・・使い方のところでもご紹介しましたが、使い方、簡単です。

 

 PCとUSB経由でつなぐ

 

もはやこれだけで使えます。

 

初心者にもやさしいですし、僕みたいな詳しめの人間にとっても嬉しいです。

 

音量の調節やON/OFFも手元のツマミでできるようになっているので、そこらへんの管理もすごくラクです。

 

買って、開封して、すぐ使える!」、これはデカイですよ。

 

 

なんと言ってもコスパ

 

なんと言ってもコスパ

 

最後に、「FIFINE K669B」の最大のメリットを。

 

コスパ」です!!!

 

もはや、これまで散々書いてきましたが、コスパ良いです。

 

そんじょそこらのダイナミックマイクよりよっぽど安いですよ。

 

だからと言って、手が抜かれているワケでもなく、性能も良い。

 

とりあえずの一台目にもOKですし、買い増しにもOK

 

いやー企業努力だと思いますね~。

 

 

デメリット

 

デメリット

 

それでは「FIFINE K669B」を実際に使ってみて感じたデメリットを包み隠さずご紹介します。

 

 

ホワイトノイズについて

 

FIFINE K669B」、録音していただければわかるのですが、多少のノイズは入ります。

 

しゃべっている後ろで「サーーー」みたいな音がのってしまいます。

 

めちゃくちゃ高音質を求めている人にとって、これはストレスになると思います。

 

でもね、その意見、この価格帯には酷だと思います(笑)。

 

普通に家庭で使う分には、そこまで影響のあるノイズではないことを付け加えさせていただきます。

 

 

USBケーブルが取り外せない

 

FIFINE K669BのUSBケーブルは取り外せない仕様になっています。

 

個人的には取り外し可にして欲しかったなぁと思いました。

 

ただ「USB接続しかしねーよ!」って方にはあまりデメリットにはならないと思います。

 

 

こんな人におすすめ

 

こんな人におすすめ

 

FIFINE K669B」、以下の人たちにおすすめします。

 

 ウェブ会議などの用途に

 音声配信・動画配信を始めたい人に

 ゲーム実況にも!

 

もうね一台目はこれで間違いないんじゃないか!って思うくらい。

 

入門機にはもってこいです。

 

「コンデンサーマイク欲しいけど、どれにすればいいかわからん」

 

そんな人には、とりあえずコレをおすすめしますね。

 

だって、価格も安くて、機能性も音質も十分ですもん(笑)。

 

 

口コミ調査

 

口コミ調査

 

口コミ調査を行いました。良い点・悪い点とありましたのであわせてご紹介します。

 

 

良かった点

 

良かった点

 

・音質はクリア

・USB接続でミキサー不要

・質感がとても良い

・コスパが高い

 

1,614件のレビュー中☆4.1と高評価。レビュー数すごいですよね。

どんだけ売れてるんだよ!って思いましたね。

 

 

悪かった点

 

悪かった点

 

・指向性を感じなかった

・ホワイトノイズが乗る

 

悪かった点は、上の2点が見られました。

 

指向性を感じなかったという意見がありました。

指向性とは、一方方向のみに集音性がある機能になります。

確かに、めちゃめちゃ指向性があるかと言われればNOですが、僕はあまり気になりませんでした。

 

ホワイトノイズに関しては、余程のこだわりがない限り許容できる範囲だと思いました。

 

 

まとめ

 

【コスパ高】FIFINE K669B徹底レビュー

 

FIFINE K669B」、いかがだったでしょうか?

 

 価格を抑えて

 高音質なマイクを

 

そんな人にはイチオシしたいマイクでしたね。

 

正直に言って、デメリットをあげるのが難しいくらい、優等生なマイクだと感じました。

 

マイクを探求すれば、上には上があります。

 

その中で「入門機」として、特におすすめしますね。

 

ザ・コスパの高いマイク」、ぜひお試しいただければと思います。