選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【ゼンハイザー好きが語る】MOMENTUM Wireless|今買うならコレ【M3AEBTXL】

【ゼンハイザー好きが語る】MOMENTUM Wireless|今買うならコレ【M3AEBTXL】 

 

※注意 :ゼンハイザー製品はHD25 から始まり、数点所有しております大のゼンハイザー好き(プロフィールはこちら)が語らせていただきます。

 

ゼンハイザー大好きな皆さま、お待たせしました!

 

このモデル、筆者も非常に楽しみにしておりましたよ。

 

ゼンハイザー MOMENTUM Wireless M3AEBTXL』のご紹介です。

 

ゼンハイザーMOMENTUMシリーズから、よりブラッシュアップされたワイヤレスモデル!

 

これだけでもう個人的には買いです。

 

無骨でありながら高級感のある見た目と、ゼンハイザーらしいフラットでも解放感のある音で、視聴したら最後、トリコになってしまうと思います。

 

読者の皆様にもその良さが伝わるよう、今回はその性能と筆者の第一印象、そして買い時はいつなのかについて記事にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

発売日

 

MOMENTUM Wireless

 

2019年9月30日

 

 

定価

 

¥48,000(税別)

 

 

簡単なスペック

 

  • 数々の受賞歴のあるMOMENTUMシリーズの最新モデル
  • ノイズキャンセルヘッドフォン特有の圧迫感から解放する3モードANCは、原音を損なうことなく正確に再現。様々なシチュエーションで、快適に音楽を楽しむことができます。
  • 洗練されたデザインとシープスキンの心地良い素材感
  • 専用アプリ「Smart Control App」で、イコライザーやANCモード切替などカスタマイズ可能

(Amazon引用)

 

 

おすすめポイント

 

MOMENTUM Wireless

 

まず特質すべきはワイヤレスであることでしょう。

 

純粋に取り回しが良くなるのが利点であるが、現在のSpotifyなどのストリーミングサービスに流れた音楽スタイルに対応していこうというゼンハイザーの意気込みも感じられます。

 

ワイヤレスであることにより懸念される『音の途切れ』や『接続の悪さ』は、Bluetooth5.0に対応することで解消され、もはやもうワイヤレスであるがゆえのデメリットは感じさせない製品になっています。

 

次に特質すべきはANC(アクティブノイズキャンセリング)機能を搭載している点でしょう。原音を損なわず純粋にノイズを取り除く効果は、室内でも室外でも、様々なシーンで音を楽しむことを可能にしてくれています。

 

遮音性の高い密閉型のヘッドフォンでありながらも、より高い性能を追求した形が、このANC機能の搭載に表れていると思います。ワイヤレスにノイズキャンセリング、もはや鬼に金棒、今必要とされている技術は貪欲に取り込んでいくゼンハイザーの企業努力が感じられますね。

 

密閉型のヘッドフォン特融の『装着疲れ』は、肌触りの良いレザー(シープスキン)を採用し、もっちりとした装着感を向上させることで解消し、長時間のリスニングを楽しむことができます。飛行機や新幹線での長時間の利用をメインに考えている方には嬉しいディティールだと思います。

 

また装着感の向上だけでなく、しっとりとした素材感は、MOMENTUM Wirelessのラグジュアリーさをより際立たせるものとなっていますね。

 

MOMENTUM Wireless

 

磨き上げられたステンレス材とレザーの質感は、より所有欲を満たしてくれる造りに仕上がっていると思います。

 

コンパクトに折りたためる点も、ゼンハイザーの手を抜かないモノづくりを象徴しているようで好印象です。

 

MOMENTUM Wireless

 

好印象な点としては、曲の再生等をワイヤレスで操作できるリモコンボタンを搭載しながらも、そのラグジュアリーさを損なわないようなスタイルに仕上がっていることもあげられますね。

 

バッテリーも22時間の連続再生が可能であり、必要十分以上の性能を有しています。

 

音質は、非常に評価の高かった前機MOMENTUMの音作りを踏襲し、高い解像度と広がるようなゼンハイザーサウンドをしっかりと堪能できる性能となっています。

 

総じて、ワイヤレスでありながらもデメリットはほぼないという仕上がりになっており、逆に突き詰めるところは突き詰めた、非常に所有したくなるゼンハイザーらしいヘッドフォンに仕上がっていると感じました。

 

ただ、一点、価格が高めというのがネックとなっています。ただ、それは買い時を見極めることで、価格を抑えることができると思いますので、価格変動は随時チェックすることをオススメします。

 

 

こんな人にオススメ

 

イヤフォンじゃなくてヘッドフォンが好き!音質も見た目も完璧な製品が欲しい人

 

 

買い時調査

 

MOMENTUM Wireless

 

本製品に関して、Amazonではセール価格になることは、今までありませんでした。ただし、今は発売されて間もないですが、時を重ねる毎に価格は低下します。

 

そこで、前モデルである『MOMENTUM Wireless M2 AEBT』の価格変動をチェックしてみました。2015年12月に55,000円程度だった価格は、今では33,000円程度で落ち着いています。ここだけの話、前モデルを買うのも手かもしれません。

 

 

また、前モデルは発売から一年後に、約1万円の価格低下が見られました。

 

ここから考察すると、本モデル『ゼンハイザー MOMENTUM Wireless M3AEBTXL』も、およそ一年後の2020年10月には、38,000円程度の価格に落ち着くことが予想されます。

 

あくまで予想ですので、参考にされる方はご注意お願いします。

 

しかし、今すぐ欲しいという方にとっては今がまさに買い時でありますので、素晴らしい製品、少し高い出費にはなりますが、是非今購入してみてはいかがでしょうか?

 

絶対後悔することはないと思いますよ。

 

 

まとめ

 

MOMENTUM Wireless

 

いかがだったでしょうか?めちゃくちゃ男心をくすぐる製品に仕上がっていると思います。

 

個人的には、ゼンハイザーのヘッドフォンはふたつ所有しており、ゼンハイザーの音作りや外観がとても気に入っています。

 

皆さんも是非、購入または実機を視聴してみて『MOMENTUM Wireless M3AEBTXL』の良さ、体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 関連記事

 

allomakase.hatenablog.com
allomakase.hatenablog.com