選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【一生モノ】SUWADAつめ切り徹底レビュー|職人の魂のこもった一級品です

【一生モノ】SUWADAつめ切り徹底レビュー|職人の魂のこもった一級品です

 

つめ切り」をお探しの皆さま。

 

中でも「ちょっと良いつめ切りが欲しいなぁ」という皆さま。

 

今回は、つめ切りはつめ切りでも「高級つめ切り」をご紹介していきます。

 

それが「SUWADA(スワダ)のつめ切り」になります。

 

これがねー使ってみて凄く良かったので、皆さまにも是非使って頂きたく、今回ご紹介するに至りました。

 

特徴は・・・

 職人の手仕上げで作られた一級品のつめ切り

 ニッパータイプでとても切りやすい

 文句なしの切れ味

 

僕がね、これまで使ってきたつめ切りの中で「圧倒的1位」のつめ切りになります。

 

その実力と品質・・・実際に使ってみた観点から、詳しくご紹介していきますね~。

 

 

 

 

 

SUWADA(スワダ)について

 

SUWADA(スワダ)について

 

皆さま、SUWADAってブランドご存じですか?

 

知る人ぞ知る「諏訪田製作所」が手掛けるブランドでして、かなり高い評価を得ています。

 

諏訪田製作所は、モノづくりの街で有名な、かの「燕三条エリア」に工場を構える、生粋のモノづくりメーカーです。

 

ニッパー型の刃物の製造に特化しており、そのノウハウを生かした「つめ切り」が、今じわりじわりとバスり始めております。

 

老舗鍛冶メーカーが手掛ける「つめ切り」・・・なんだか魅力的ですよね~。

 

そんな思いもあり、今回、本製品を購入するに至りました。

 

 

価格

 

価格

 

価格は、2021年2月現在、Amazonにて5,500円(税込)となっています。

 

一般的なつめ切りからすると、なかなかお高めの価格設定となります。

 

ただ、その価格の意味は、使って頂ければわかる・・・そんなところでしょうか。

 

何はともあれ「つめ切りにそんな価格、出しづらいなぁ」、そんな人も是非最後まで見ていってくださいね。

 

きっと欲しくなると思います(笑)。

 

 

 

 

外観

 

SUWADA つめ切り

▲ニッパータイプの爪切りになります。これがねー、持ちやすくて握りやすくて切りやすいんですよ~。使い込んでいるので掲載するかどうか迷ったんですが、参考程度に載せておきます(笑)。

 

SUWADA つめ切り

 ▲鋭利な刃の部分。爪の形にフィットして、予想以上に切りやすいです。もちろん切れ味もグッド。詳細は、以下詳しく解説します。

 

 

SUWADAのつめ切りのメリット

 

SUWADAのつめ切りのメリット

 

ここでは、SUWADAのつめ切りのメリットをご紹介していきます。

 

 

切れ味最高

 

切れ味最高

 

まずは何と言っても「切れ味」について書かせてください。

 

普通のつめ切り・・・切るときって「パチパチ」って音、なりますよね。

 

それに対し、SUWADAのつめ切りは、サクっという音が適切なくらいの切れ味をしています。

 

サクっという音と、パチパチという音の中間くらいといった方が正確かな?

 

何はともあれ、ここまで切れるつめ切りに、僕は初めて出会いました。

 

はっきり言って予想以上、大げさに言えば衝撃を受けました(笑)。

 

この切れ味・・・是非とも体感して欲しいです。

 

 

スミっこが切りやすい

 

スミっこが切りやすい

 

普通のつめ切りに対して、スミっこ部分が非常に切りやすくなっています。

 

細かいところまで届くと言いましょうか、普通のつめ切りでは切れないくらいに細かに切っていくことができます。

 

そういう面で、切っていてストレスがなくとても快適に使用できています。

 

 

ヤスリがけがいらない

 

ヤスリがけがいらない

 

切れ味とも通ずる部分ではあるのですが、つめを切った後のやすりがけ、SUWADAの場合いらないと、僕は思います。

 

切ったあとのつめの断面を見ていただければわかりますが、かなーりなめらかなんですよね。

 

触ってみてもザラザラせずに、引っ掛かりもありません。

 

それもこれも、SUWADAのつめ切りが、スパッとつめを切っているからだと思います。

 

切れ味にはもちろんインパクトがありますが、切り終わった後にもインパクトがありました。

 

 

ニッパータイプでとりまわしが良く使いやすい

 

ニッパータイプでとりまわしが良く使いやすい

 

SUWADAのつめ切りの特徴である「ニッパータイプ」のつくり・・・非常に使いやすくとりまわしが良いです。

 

初めは慣れてないので、おっかなびっくりだったのですが、すぐ慣れます。

 

慣れたら最後、もはや使いやすさはSUWADAが圧倒的です。

 

つめの形状に沿ってサクサクと切る・・・もはやクセになるほどですよ。

 

切ってて楽しいつめ切り、それがSUWADAのつめ切りだと思います。

 

 

一生モノ

 

一生モノ

 

SUWADAのつめ切り、一生モノだと思いました。

 

もちろん刃物ですので、使用していけば切れ味は落ちてきます。

 

ただ、その点、有料ですがメンテナンスがオフィシャルで実施されております。

 

職人さんの手でひとつひとつが丁寧に手入れされ、再びあなたのものに帰ってきます。

 

このひとつのモノを末永く使う感覚・・・僕はすごく好きです。

 

愛着をもってモノを大事にする、そんな気持ちも芽生えますしね。

 

何よりつめ切りに愛着をもてるという感覚がすごく好きです。

 

一生モノの道具として、SUWADAのつめ切りは本当におすすめします。

 

 

SUWADAのつめ切りのデメリット

 

SUWADAのつめ切りのデメリット

 

ここでは、SUWADAのつめ切りのデメリットをご紹介します。

 

 

最初は使い方が難しいと錯覚する

 

あなたはニッパータイプのつめ切り、使ったことありますか?

 

多分ない人が多いと思います。

 

それ故に、使い始める前までは本製品、「難しくないかな?」とか、「切るのが怖いな~」とか考えてしまう人が多い気がします。

 

実際に僕も使う前までは、そんなこと思っていました(笑)。

 

でもね、使ったらわかります、そんな心配全くいりません(笑)。

 

ただ、最初だけ、なんだか難しそうだと思ってしまうことは、少なからずデメリットかなぁと思いました。

 

 

価格が高め

 

ココがやはり一番のネックになってくる部分だと思います。

 

価格です。

 

5,000円を超える価格、「つめ切りに5,000円かぁ~」なんて思っちゃう人は、かなり多いと思います。

 

ただ、職人さんの魂が入った製品で、一生モノですので、その価格は妥当であると僕は思いますけどね。

 

実際に使ってみて、その価格に見合ったモノであると、つくづく思っています。

 

ちょっと良いモノ買ってみよう」・・・そんな人にとっては、ここはデメリットではないでしょうね。

 

 

口コミ調査

 

口コミ調査

 

口コミ調査を行いました。良い点・悪い点とありましたのであわせてご紹介します。

 

 

良かった点

 

良かった点

 

・良く切れる

・値段は高いが満足

・爪が割れなくなった

・もう普通のつめ切りは使えない

・質感が良い

 

☆5評価で☆4.4という高評価、低評価はほとんどありませんでした。

特に「切れ味」を評価されている人が多かった印象を持ちました。

 

つめ切りのような生活雑貨ではありえないほどの高評価で、正直びっくりしたほどです。

 

 

悪かった点

 

悪かった点

 

・切れすぎて怖い

・つめが飛ぶ

 

マイナスな評価には、こんなものがありました。

 

確かに切れ味は抜群ですので、場合によっては怖いと思うこともあるかもしれません。

が、個人的にはその切れ味は好みでした。

 

また、つめが飛ぶというコメントも何個か見つけましたが、一般的なつめ切りとほとんど変わらないと思います。

 

 

まとめ

 

SUWADAつめ切り徹底レビュー

 

いかがだったでしょうか?

 

 切れ味

 見た目

 愛着(一生モノ)

 

一級品のアイテムであることは間違いないです。

 

事実、SUWADAのつめ切りを買ってからというものつめ切りがしたくてしょうがないです(笑)。

 

つめの伸びには限界がありますので、切りすぎは自重していますが・・・(笑)。

 

人を魅了するつめ切りと言っても、過言ではないと思います。

 

 一生モノとしてご自身に

 プレゼントとして大切な人に

 

誰しもが必要とするつめ切りですから、きっと喜んでいただけると思います。

 

SUWADAの「つめ切り」、頭ひとつ抜きんでた「つめ切り」です。

 

是非、多くの人に使っていただきたいと思っております。

 

 

 

いつも使っているタイプのつめ切りSUWADAから発売開始いたしました。