選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【待望のサイズ感】Echo Show 8レビュー|新製品 注目ポイントと価格考察

【待望のサイズ感】Echo Show 8レビュー|新製品 注目ポイントと価格考察

 

Amazon Echoシリーズにに、新製品『Echo Show 8』の発売が決まりました。

 

8』というだけあって、8インチサイズのタッチパネル対応モニターを搭載したモデルになります。

 

タッチパネル対応モニター搭載のEchoは、10.1インチの『Echo Show』と5インチの『Echo Show 5』が現在発売しております。

 

ちなみに僕(プロフィールはこちら)はEcho Show 5を所持しています。

 

 

その中間サイズが本製品になるわけです。

 

正直、このサイズ・・・待っていました。

 

Echo Show 5では、画面が小さかったり、音声認識力がちょっと悪かったりというデメリットがありました。

 

そのデメリットを克服してきたかどうかが、今回の見どころとなります。

 

先に言っておきます。

 

「これ欲しい!」

 

そう思わせてくれる魅力が『Echo Show 8』にはありますね。

 

 

では、その魅力はいったいなんなのか?以下、詳しく見ていこうと思います。

 

 

 

 

ちなみに純正スタンドもあります(あると便利です)

 

 

発売日

 

2020年2月26日

 

 

価格

 

¥14,980(税込)

 

 

簡単なスペック

 

簡単なスペック

 

  • 8インチHDスクリーンとステレオスピーカーを搭載。Alexaに話しかけるだけで、必要な情報が一目で確認できます。
  • エンターテイメント。Alexaに話しかけて、映画やテレビ番組、ニュースなどの動画をみたり、音楽、ラジオ番組、ポッドキャスト、オーディオブックなどを聞いたりすることができます。
  • 通話機能。Alexaアプリかスクリーン付きEcho端末をお持ちの友人や家族と、手軽にビデオ通話を楽しめます。アナウンス機能を使って家にある他のEchoデバイスに音声メッセージを送ることもできます。
  • スマートホーム。Alexa対応スマートホームデバイスの音声操作に加え、スクリーン上で管理が可能。Alexaに話しかけて、対応する他の部屋のカメラ映像を確認したり、部屋の電気をつけたり、エアコンやテレビを操作したりすることができます。
  • フォトアルバム。Amazon Photosのアルバムから写真を表示させることが可能。ホーム画面をカスタマイズしたり、撮影した日付や場所を声で指定して呼び出すこともできます。
  • 日々の暮らしに。レシピ動画を見ながら料理をしたり、やることリストを簡単に更新したりすることができます。お出かけ前に天気や鉄道運行状況の確認も。
  • プライバシーを配慮したデザイン。マイク/カメラ オン/オフボタンを押すとマイクとカメラをオフにすることができます。カメラカバーをスライドするとカメラだけをオフにすることができます。


(Amazon引用)

 

 

『Echo Show 8』注目ポイントはここ!

 

『Echo Show 8』注目ポイントはここ!

 

『Echo Show 8』注目ポイントはズバリこれです!

 

・ちょうどいい8インチというサイズ感

・動画も楽しめる高画質|YouTubeやプライムビデオ

・タッチパネル付きはやっぱり便利|初期設定も楽々

・高音質ステレオスピーカーの迫力あるサウンド|音質は良好

・マイク数は?今のところ不明(ここ重要)|音声認識能力が高ければいいけど・・・

・カメラ付きでビデオ通話もできる

・フォトフレームとしての使用も可

・アラームや目覚まし、タイマーはかなり便利

・スマートホーム化の第一選択肢に

 

以下、詳しく見ていきましょう。

 

 

8インチというちょうどいいサイズ感

 

8インチというちょうどいいサイズ感

 

8インチというサイズ感が、まず最高です。

 

イメージでは、

 

10.1インチ(Echo Show)は大きめのタブレット。iPadとかを常にリビングに飾ると考えると少し大きすぎる?

 

5インチ(Echo Show 5)は小さめのスマホ。あなたがお持ちのスマホとくらべると少し小さいかもしれません。

 

8インチ(Echo Show 8)は小さめのタブレット。でも片手でも持てるサイズ感ではあります。

 

皆さまは、どのサイズがお好みですか?

 

僕は圧倒的に8インチをオススメします。

 

5インチサイズがだめというわけではないのですが、8インチがちょうど良すぎるのです。文字や画像が見やすいサイズ感でありながら、他のインテリアを邪魔しない調和しやすい存在感。

 

折角モニターがついているのですから、しっかりと活用したいじゃないですか?

 

スマートスピーカーではなく、スマートモニターであるので、音だけじゃなく、視覚としても情報をしっかり得たいわけですね。「音だけじゃなく、視覚で!」この使い方ができるベストサイズが8インチだと思うのです。

 

5インチだと、正直、画像や文字が小さくなり、視覚として情報を入れるには小さいと感じています。

 

そういった意味で、8インチサイズはちょうど良いサイズ感なのです。

 

 

動画も楽しめる高画質|YouTubeやプライムビデオ

 

動画も楽しめる高画質|YouTubeやプライムビデオ

 

純粋に8インチという大きめのサイズ感であるために動画の視聴に向いた製品であるのですが、その上高画質であることがポイントとなります。

 

Echo Show 5とくらべても高画質化しており、一番価格が高いEcho Showと同等の性能となっています。

 

ならEcho Show 8が良いと思いませんか?

 

プライムビデオYouTubeも一声で見ることができますし、サクッと動画メディアにアクセスすることができます。

 

動画を見ないという人でも、表示する画像や情報が、高画質であるに越したことはないですよね。

 

 

 

タッチパネル付きはやっぱり便利|初期設定も楽々

 

タッチパネル付きはやっぱり便利|初期設定も楽々

 

やっぱりね、タッチパネルがあると楽ですよ。Echo Show 5を使っていて本当にそう思います。

 

通常のモニターなしEchoも使ったことがあるんですけど、やっぱりモニター付きを選びますね。

 

初期設定も楽だし、各種設定や、スキルの導入なんかも楽です。Wi-Fiのパスワード入力や、各種ログインなんかも、タッチパネル付きだから楽にできるのです。

 

そういった意味では、今後、タッチパネルがベーシックになっていくでしょうね。

 

 

高音質ステレオスピーカーの迫力あるサウンド|音質は良好

 

高音質ステレオスピーカーの迫力あるサウンド|音質は良好

 

Echo Show 5でも結構パワフルな音を出してくれていたのですが、本モデルではさらにパワーアップしております。

 

そもそもEcho Show 5は、スピーカー数が1つだったのですが、Echo Show 8では2つに増えています。さらに、そのスピーカー自体、めちゃくちゃ良いものに変更されています。

 

そう考えると、Echo Show 8の音質は、かなり期待できますね。

 

 

マイク数は?今のところ不明(ここ重要)|音声認識能力が高ければいいけど・・・

 

モニター付きのEchoの良くないところとして「マイクの感度が悪い」ことがあげられます。特にEcho Show 5は、マイクの数が他のEchoとくらべ少なく、マイク感度が悪いと言われています。

 

実際に使用してみて、そのマイク感度の悪さは体感できるレベルでありました。

 

そこがEcho Show 8でどう改善されるかが見ものなのです。残念ながら、そこがどう進化したかは情報が出ていませんでしたので後に追記します。

 

 

カメラ付きでビデオ通話もできる

 

カメラ付きでビデオ通話もできる

 

モニター付きEchoをお持ちの方と気軽にビデオ通話ができます。

 

離れて暮らす家族や友達と、簡単に繋がれるのがメリットかと思います。

 

地元のお父さんお母さん、おじいさんおばあさん宅に一台Echoを設置しておくことで、コミュニケーションが簡単に取れるようになりますし、なによりも安心感を得ることができます。

 

高齢者の方は、スマホでテレビ電話したりするのも一苦労なので、声で操作できるEchoであるなら、一度設定してしまえばあとは簡単だと思います。

 

ビデオ通話が簡単にできること、それは安心を買うことにも繋がりますね。

 

 

フォトフレームとしての使用も可

 

フォトフレームとしての使用も可

 

本製品、フォトフレームとしても使用できます。

 

お好きな写真を流し続ける、ある意味動く写真たてとも言える機能になります。

 

一時期、このフォトフレームが人気になり売れていましたが、今ではもう、Echo Show 8がその上位互換なのでだれも買う人はいなくなりましたね。

 

フォトフレームが欲しいという人にも、本製品、オススメします。

 

 

アラームや目覚まし、タイマーはかなり便利

 

アラームや目覚まし、タイマーはかなり便利

 

これはEcho Show 8だけじゃなく、Echoシリーズ全体的に言えることなのですが、アラームやタイマーとしての使い勝手が秀逸です。

 

これは本当に便利で、目覚ましなんかはもうこれで良いと思うくらいです。

 

 

 

スマートホーム化の第一選択肢に

 

スマートホーム化の第一選択肢に

 

「結局、すべてのEchoの中で一台目になにをオススメする?」と聞かれたとき、今なら僕は間違いなく、「Echo Show 8がいいよ!」と答えるでしょう。

 

それくらい、サイズ感やコスパ、その他もろもろ、トータルで見て完成された製品であるのです。

 

だからこそ、スマートホーム化を進めたいという人にも、本当にオススメします。

 

 

 

こんな人にオススメ

 

こんな人にオススメ

 

・スマートスピーカーのデビューに!リビング用のメイン機が欲しい人

・良い音質で良い画質!サクッと動画や音楽を視聴したい人

・Echo Showじゃ大きすぎるけど、Echo Show 5じゃ少し小さいという人

 

 

買い時調査|セール時期予想

 

買い時調査|セール時期予想

 

しばらくは、確実に通常価格での販売が続くはずです。

14,980円という価格は、これだけ優れた製品であるため妥当であるし、安いとすら感じます。

 

ただ、ちょっと待った!

 

Echo Show 5の販売が開始した時も、「セールまで待てば良かった」という意見が多々出ていました。

 

それくらい、Amazon製品は、セール時に安くなります。

 

本製品は、おそらくですが2020年の7月に開催されるであろうプライムデーにて「セールの目玉製品」になると予想します。

 

価格はおそらく9,000円か8,000円くらい、10,000円は割ってくると思います。

(Echo Show 5のときもそんな感じでした)

 

と、考えると、今すぐ購入してこの製品を誰よりも早く体感するのもいいですが、セールを待って購入するのも良いかと思っています。

 

※2020年9月21日現在、最安価格で9,900円(税込)となっています。

 

 

まとめ

 

Echo Show 8レビュー

 

いかがだったでしょうか?かなり秀逸な製品であるAmazon Echo。

 

その中でもかなり優秀な『Echo Show 8』。

 

ベストオブベストな製品であると、そのように思います。

 

音質、画質、サイズ感、すべてにおいて魅力的な製品に仕上がっています。

 

多分、めちゃくちゃ売れますよコレ。

 

そんな『Echo Show 8』、いち早く買って誰よりも先に楽しむか、ちょっと待ってセール時にお買い得に購入するか、それもしっかり考慮するといいかもしれませんね。

 

Amazonが満を持して発売開始する『Echo Show 8』、是非ともチェックしてみてくださいね。

 

 

 

関連記事