選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【使用感レビュー】ハトムギ化粧水を徹底比較してみた|ランキング形式でご紹介

【使用感レビュー】ハトムギ化粧水を徹底比較してみた|ランキング形式でご紹介

 

コスパの高い化粧水をお探しの皆さま。

 

コスパ 化粧水」で検索すると、超常連の有名なヤツ・・・皆さま、ご存じでしょうか?

 

それが「ハトムギ化粧水」です。

 

言わずもがなコスパが高く、もったいぶらずにジャブジャブ使える・・・そんなトコロがメリットの、老若男女に人気の化粧水となっております。

 

でもね、ひとつだけ、ハトムギ化粧水には弱点があります。

 

それが、いろんなメーカーからハトムギ化粧水が発売されていて、「どのメーカーのモノを買えばいいかが難しい」ということ。

 

正直ね僕(プロフィールはこちら)も、どのメーカーのヤツを買えばいいかわからなくって、もう様々なメーカーのハトムギ化粧水をテキトーに購入していました(笑)。

 

そういった経緯もあり、別に比較するつもりはなかったのですが、比較することとなってしまったと言うワケです。

 

せっかくですので、その比較検討の結果を、皆さまとご共有したいと思っております。

 

キーワードは、

 さっぱり感

 しっとり感

 価格

 

そんなところに焦点を絞ってお話していきます。

 

同じハトムギ化粧水でも意外と違いがあったりするのですよ~。

 

「ハトムギ化粧水、どれ買えばいいかわからないぜ」

 

なーんて人は、是非チェックしていってくださいね~。

 

 

 

 

比較したハトムギ化粧水3選

 

比較したハトムギ化粧水3選

 

僕が今まで使ってきたハトムギ化粧水は以下の3つです。

 

 ナチュリエ ハトムギ化粧水

 SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水

 麗白 ハトムギ化粧水

 

どのハトムギ化粧水も、同じような色味とシャバシャバ感で、同じように見えるのですが、長期間使ってみると、その違いが結構あることに気づきました。

 

その違いを比較し、

 さっぱりした化粧水が好きな人

 しっとりした化粧水が好きな人

 価格で選びたい人

 

そんな人達には「いったいどのハトムギ化粧水がオススメなのか?」を本記事にて言及していきます。

 

まずは、各ハトムギ化粧水の簡単な紹介をしていきますね。

 

 

ナチュリエ ハトムギ化粧水

 

ナチュリエ ハトムギ化粧水

 

さっぱりべたつかない質感ですが、使いあがりはしっとり。

 

もちろん天然成分であるハトムギエキスを配合しており、肌をよりしっとり保ってくれます。

 

個人的印象では「さっぱり感」が強かったです。

 

ハトムギ化粧水と検索すると、一番最初に出てくるくらいオーソドックスな製品で、「ハトムギ化粧水と言ったらコレ」なんていうほど有名な製品です。

 

価格:519円(税込)※500 mlの価格

1 mlあたりの価格:1.038円

 

 

 

SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水

 

SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水

 

ハトムギエキスを配合しており、保湿効果の高い製品。

 

シャバシャバとした感触で、好きなだけお肌にパシャパシャと潤いを与えれます。

 

個人的印象ではさっぱり感としっとり感のバランスが良いと感じました。

 

価格:772円(税込)※1000 mlの価格

1 mlあたりの価格:0.772円

 

商品はいまのところ在庫切れのようです。

 

 

麗白 ハトムギ化粧水

 

麗白 ハトムギ化粧水

 

こちらもしっかりハトムギエキスを配合しており、保湿効果はバッチリです。

 

少しトロミのある感触で、つけると少しべたつきます。

 

ただ、そのおかげか「しっとり感」は長く続く、そういった印象を持ちました。

 

今回ご紹介するハトムギ化粧水の中で最も安く、デイリーユースに適していると感じました。

 

価格:548円(税込)※1000 mlの価格

1 mlあたりの価格:0.548円

 

 

 

さっぱり感で選べば?

 

さっぱり感で選べば?

 

化粧水に求めるもの・・・ひとつはさっぱり感でしょう。

 

男性なら特に「べたつくモノは嫌」なーんて人も多いと思います。

 

同じハトムギ化粧水でも、べたつき加減は少しづつ違っていて、好みが分かれます。

 

ですので、ここでは「さっぱり感」を求める人向けのハトムギ化粧水ランキングをご紹介します。

 

1位:ナチュリエ ハトムギ化粧水

2位:SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水

3位:麗白 ハトムギ化粧水

 

ランキングはこんな感じです。

 

さっぱり感を求める人には、圧倒的に「ナチュリエ」のモノをオススメします。

 

まず、液の質感がサラサラしており、肌にたくさんつけても全然ベタベタしません。

 

さっぱりさわやかな印象。

 

液が肌に吸収されたあとは、潤いは感じますが、肌の表面は比較的サラサラです。

 

男性は、おそらくこのナチュリエのハトムギ化粧水が好みだと思いますよ。

 

次点が、SKIN AUTHORITY のモノ。

 

これも比較的サラサラしてはいるのですが、ナチュリエのモノよりは多少べたつきます、

 

麗白のモノは、いい意味でしっとり、悪く言えば少しベタベタします。

 

さっぱり感を求める人にとっては、このベタベタはNGだと思いました。

 

トータルで見て、さっぱり感を求める人には「ナチュリエ ハトムギ化粧水」をオススメします。

 

 

しっとり感で選べば?

 

しっとり感で選べば?

 

次は、しっとり感を追求したい人に向けた「ハトムギ化粧水ランキング」になります。

 

1位:麗白 ハトムギ化粧水

2位:SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水

3位:ナチュリエ ハトムギ化粧水

 

さっぱり感ランキングの真逆となっています。

 

理由は先ほど述べた通り、麗白のモノが、悪く言えばべたつく、良く言えば最も保湿性能は高いと感じました。

 

麗白のハトムギ化粧水だけをつけただけでも、乳液まで付けたようにしっとりします。

 

SKIN AUTHORITY 製品も、さっぱり感はありますが、しっとり感もあるといった印象。

 

麗白とナチュリエの中間のような使い勝手となります。

 

最下位はナチュリエのハトムギ化粧水。

 

さっぱりサラサラ感が強いからか、肌がしっとり艶やかになるといった印象はありませんでした。

 

しっとり感を求め、モチモチ、ツヤツヤのお肌を追求する方には、麗白のモノが良いと思いました。

 

 

価格で選べば?

 

価格で選べば?

 

今回ご紹介した3つのハトムギ化粧水。

 

同じような商品に見えますが、意外と価格差があるのです。

 

価格が安い順に並べるとこんな感じ。

 

1位:麗白 ハトムギ化粧水(1 mlあたりの価格:0.548円)

2位:SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水(1 mlあたりの価格:0.772円)

3位:ナチュリエ ハトムギ化粧水(1 mlあたりの価格:1.038円)

 

大体、麗白とナチュリエで、倍くらいの価格差があります。

 

ですので、価格やコスパをメインに考える方には、麗白のハトムギ化粧水をオススメします。

 

各製品、小さな効能の差はあるとは思うのですが、ハトムギ化粧水として大きな部分は同じです。

 

だったら、まぁ価格が安いモノを買ってみると言う選択肢もアリなんじゃないでしょうか?

 

 

オススメは?

 

オススメは?

 

ここでコソっと、「僕個人的なオススメはどのハトムギ化粧水なのか?」をご紹介します。

 

正直に書くと、僕は「さっぱり感」が強いタイプの化粧水が好みなので、圧倒的にナチュリエのハトムギ化粧水がしっくりきました

 

液がシャバシャバで、顔にバシャッと好きなだけハトムギ化粧水を付けるのが好きなのです。

 

肌がほんのり冷たくなるまで、バシャバシャと化粧水をかけると、ホントに気持ちがいいですよ。

 

たくさんつけたからと言って、べたつく感じはまったくないので、つけあがりもさわやかで、イヤーな感じがありません。

 

あくまでコレは僕の個人的な意見ですが、男性の皆さまはナチュリエ製品が合うと思いますよ~。

 

 

ちなみに・・・|乳液、ニベア

 

ちなみに・・・|乳液、ニベア

 

筆者、ハトムギ化粧水は、お風呂あがりに使っております。

 

ちなみに、お風呂あがりのお肌のケアは、

①ハトムギ化粧水(たまにコットンパック)

②乳液(無印良品のさっぱりタイプ)

③ニベア

 

この順で使用しております。

 

僕は、乾燥肌と脂性肌の混じった「混合肌」という状態なのですが、このスキンケアを行うようになってカサカサ感がかなり収まりました。

 

冗談抜きに、これを毎日続けることで、お肌が見違えるほど整います

 

このスキンケアを始めて一か月くらいで、当時彼女だった今の妻に「なんか肌がキレイになってない?」と言われたほど。

 

ハトムギ化粧水を使用する場合、乳液、ニベアもセットにすることをオススメします。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ハトムギ化粧水を徹底比較してみた

 

いかがだったでしょうか?

 

コスパが高くてバシャバシャ使える「ハトムギ化粧水」。

 

たくさんのメーカーがハトムギ化粧水を販売している中、今回は3つをピックアップして、その使用感をご紹介させていただきました。

 

あなたが「さっぱりタイプ」が好きなのか?

 

それとも「しっとりタイプ」を選ぶのか?

 

また「一番安いモノ」を使って、気にせずバシャバシャ使うのか?

 

是非とも、あなたに適した「ハトムギ化粧水」を選んでいただければと思います。