選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【徹底比較】ワイモバイル新料金プランに変更してわかったこと

【徹底比較】ワイモバイル新料金プランに変更してわかったこと

 

スマホ料金でお悩みの皆さま。

 

各社よりスマホの新料金プランが発表スタートし、「どこを選べばいいかわからない!」という人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、筆者(プロフィール)である僕自身「ワイモバイルの新料金プラン」に変更しましたので、その様子や変更後どうなったかをレポートしていこうと思います。

 

すごく簡単に言うと「お得なの?どうなの?」と言うところを、サクッとお話し出来ればと思います。

 

具体的には、

 ワイモバイルの新料金プランについて

 新料金プラン変更前後の比較

 メリット・デメリット

 メリットが大きい人と小さい人の違い

 

気になるここらへんを、詳しくご説明していきます。

 

プラン変更する前までは「安くなるのかどうか?」すらイマイチわかりにくかったのですが、実際に変更してみてハッキリさせることができました。

 

是非とも、あなたのスマホ料金見直しの一助としていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

ワイモバイルの新料金プランについて

 

ワイモバイルの新料金プランについて

 

ワイモバイルの料金プラン・・・

 「スマホベーシックプラン」から、新しく「シンプル〇」というプランという名前に変更になりました(〇には、S、M、Lなど、データ容量のアルファベットが入ります)。

 

ここ最近のスマホ料金の低料金化の流れから「お得になるんだろうな?」って思っていたのですが・・・イマイチ差がわからない!!!

 

もとから料金が安かったワイモバイルですので、auやドコモ、ソフトバンクと比べて、変化前後の差がかなりわかりづらい印象を持ちました。

 

この記事を読んでいる皆さまも、同じような感想をお持ちなのではないでしょうか?

 

ワイモバイルの新料金プランについてゴチャゴチャ書いた記事は多数ありますがどれもわかりづらく、「結局安くなるの?どうなの?」って重要な部分がわからないままです。

 

だからこそ、「じゃあ実際に変更してみてどうだったかレポートしよう!」、そう思ったのが本記事のいきさつになります。

 

ですので、ワイモバイルの新料金プラン・・・丸裸にしていこうと思います。

 

 

新料金プランに実際変えてみた

 

新料金プランに実際変えてみた

 

それでは早速、ワイモバイルの新料金プランに変更してみた結果をご紹介しましょう。

 

ちなみに僕と妻、2回線分を変更いたしました。

 

 

僕の場合(データ容量中くらいの人)

 

まずは僕の場合、具体的に「データ容量が中」くらいの人のプランの変更についてです。

 

プラン:スマホベーシックプランM → シンプルM+かけ放題

料金:4,117円(税込)→4,051円(税込)

データ容量:10ギガ→15ギガ

家族割:親回線のためなし

 

通話10分が無料になる「かけ放題」を付けた「シンプルM」プランに変更しました。

 

変更前後の違いを具体的にお話しすると、

 料金が66円安くなった

 データ容量が5ギガ増えた

 

価格がほんのちょっと下がって、データ容量が1.5倍に増えた、といった感じですね。

 

データ容量が増えた上に少しですが値下げされるので、お買い得感はあります。

 

 

妻の場合(データ容量小の人)

 

 

次に妻の場合。具体的に「データ容量は小」で「家族割を適用」したプランの場合です。

 

プラン:スマホベーシックプランS→シンプルS+かけ放題

料金:2,948円(税込)→2,948円(税込)

データ容量:3ギガ→3ギガ

家族割:550円→1,188円

トータル料金:2,448円(税込)→1,760円(税込)

 

通話10分が無料になる「かけ放題」を付けた「シンプルS」プランに変更しました。

 

変更前後の違いを具体的にお話しすると、

 料金そのものは変わらず

 データ容量は変化なし

 家族割が600円くらいアップ

 トータルで700円くらい安くなった

 

料金自体は、新料金プラン前後で違いはありませんが、家族割のアップが大きかったですね。

 

トータル料金で約3割安くなっているので、プラン変更の恩恵は大きそうです。

 

 

我が家のスマホ料金総額

 

 

我が家のスマホ料金をすべて合算すると、プラン変更前後でこれくらいの差がありました。

 

プラン変更前:4,117円(僕)+ 2,448円(妻) = 6,565円(税込)

プラン変更後:4,051円(僕)+ 1,760円(妻) = 5,811円(税込)

 

そもそもキャリアと比べ安かったはずのワイモバイルの料金ですが、それでもプラン変更でお安くなりました。

 

大人2人分のスマホ料金が5千円台だったら嬉しい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

メリット

 

メリット

 

実際にプラン変更してみてわかった「ワイモバイルの新料金プランのメリット」をまとめました。

 

 

料金

 

料金

 

ほとんどの人が、多かれ少なかれ料金は安くなります。

 

やたらオプションを付けたりしない限り、高くなるという人はいないはずです。

 

スマホ料金が家計を圧迫しているこのご時世、すべての人にとってのメリットだと言えますよね。

 

プラン変更で料金がどうなるか?気になっていた人は、安心してプラン変更していただきたいと思います。

 

 

家族割

 

家族割

 

ワイモバイルの新料金プラン、家族割がかなりデカイです。

 

変更前の倍ですよ!倍!!

 

ワイモバイルの囲い込み作戦かもしれませんが、回線をまとめる価値はあると思います。

 

それほどに、今回のワイモバイルの新料金プランは「家族割が強い」ことを覚えておいてください。

 

お子さんが多かったり、家族でワイモバイルを利用している人にとっては、かなり大きなメリットだと思いました。

 

 

ギガ数

 

ギガ数

 

スマホが必需品となった現在、スマホのデータ利用量はどんどん増加していっています。

 

僕も、どんどん増えていっています(笑)。

 

そんな人たち(データ通信料が多い人)にとって、今回のワイモバイルの新料金プランはありがたいプランとなっています。

 

ザックリいうと、Mプラン以上の場合になると、

 価格はちょっとだけ安くなる

 データ容量(ギガ数)はアップ

 

具体的に、

Mプラン:10ギガ→15ギガ

Lプラン:20ギガ→25ギガ

 

これくらいアップします。

 

安くなる上にギガ数は増えるという太っ腹仕様となっているのです。

 

そういう意味では、かなり現代のスマホの使い方にマッチしたプランになってきたと言えます。

 

ギガ数が少しもの足りないな~」なんて考えてらっしゃった人は、是非プラン変更してみてはいかがでしょうか?

 

また、Lプランを使っていた人が、Mプランに下げるといったことも考えられます。

 

これまで10ギガだったら足りてなかったけど、20ギガは多すぎる」・・・そんな人にとって、今回のMプランがちょうどいいものになっていると思います。

 

 

デメリット

 

デメリット

 

正直、新料金プランにするデメリットはありません。

 

ただ、プラン変更しても大きな恩恵を受けられない人もいるのが事実です。

 

すべての人が一様にプラン変更の恩恵を受けられない

 

そこが、ワイモバイルの新料金プランのデメリットかと思います。

 

具体的に言えば、「データが少ないプラン(Sプラン)を、家族割なしで契約している人」はプラン変更のメリットを受けることがあまりできません。

 

ここらへんの人たちにも、もう少しメリットがあっても良かったのかな?と思いました。

 

ただ、プラン変更でソンすることはないので、メリットが多いのが事実です。

 

 

メリットが大きい人

 

メリットが大きい人

 

ここでは、ワイモバイルの新料金プランのメリットが大きい人をご紹介していきます。

 

 

電話を使わないという人

 

電話を使わないという人

 

まず、これには僕は該当しないのですが、「電話を使わない」という方は、今回の新プラン、めちゃめちゃメリットが大きいです。

 

かけ放題料金は、月々700円のオプションとなっています。

 

電話を使わないという方は、僕が契約した料金から700円引いてもらったらOKです。

 

これまでの料金体制では、このかけ放題はプランの一部として組み込まれていたのですが、新プランからはオプションとなりました。

 

イマドキ「ラインやその他アプリで電話は補っている」という方も多くなりました。

 

そんな方々は、かけ放題なんていらないワケです。

 

それをオプションとすることで、いらない人はその分安い料金とすることが可能になりました。

 

700円というとそこまで大きな金額に感じないかもしれませんが、全体の料金の1/3くらいに値します。

 

そう考えると、月々700円、年間8,400円という差は、とても大きいのではないでしょうか。

 

新料金プランは、電話をあまり使わないという人にとって無駄をそぎ落とせるお得なプランとなっています。

 

 

家族が複数いる人

 

家族が複数いる人

 

ワイモバイルの新料金プラン・・・家族割がかなり大きくなりました。

 

具体的に「550円→1,188円」、約600円ほど値引きが大きくなったのです。

 

家族が複数いる方・・・かなりうまみがあります。

 

例えば、家族5人でワイモバイルに契約すると、主回線を除いた4回線分が家族割の対象となります。

 

つまり、1,188円×4 = 4,752円が、月々浮くワケです。

 

家族割で倍以上違うのを加味するとどれだけお得か、さらにわかっていただけると思います。

 

家族が多ければ多いほど今回のプラン、お得であることわかっていただけましたでしょうか?

 

 

メリットが小さい人

 

メリットが小さい人
 

今回のワイモバイルの新料金プラン・・・うまみがない人もいます。

 

それが、

 データ容量Sのプラン

 電話を使用する(かけ放題)

 家族割は使えない

 

これらを全部満たす人になります。

 

データ容量Sのプランでかけ放題プランにすると、プラン変更前後で料金的に差がありません。

 

MやLプランと違って、データ容量の増量もありませんしね。

 

こうなってくると・・・うまみがないことわかっていただけると思います。

 

 

まとめ

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

ワイモバイルの新料金プラン・・・これまで「ワケがわからない」と思っていた人も、実際の料金を比較することでメリットがわかっていただけたのではないでしょうか?

 

国をあげて通信料金の削減に舵をきった今、何もしないでいるのはもったいないです。

 

特に、何のデメリットもないプラン変更をせずにいるのは、もはやソンです。

 

各社様々なプランを用意し、競争もさかんになってきました。

 

このタイミングを逃さず、よりお得なスマホ料金に変更していただければと思います。

 

その選択肢のひとつとして、ワイモバイル、なかなか良いと思いますよ。

 

ワイモバイルにMNPしたい!特にネット完結で乗り換えたい!!って方には、以下の記事が役に立つと思います。