選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【保存版】買って良かった車中泊おすすめグッズ11選

【保存版】買って良かった車中泊おすすめグッズ11選

 

車中泊ファンの皆さま、そしてこれから車中泊を始めてみたいとお思いの皆さま。

 

車中泊歴は子供の頃(25年位前?)から!生粋の車中泊ファンである僕(詳細はプロフィール記事をご覧ください)、とりあえず、一言言わせてください。

 

「車中泊、もうめちゃめちゃ楽しいです~」

 

もうね。普通の旅行では味わえない楽しさがあります。

 

POINT

 車でまったりする

 車でご飯を食べる

 車でお酒を飲む

 車で寝る

 

どれをとっても『特別な時間』を味わうことができます。

 

ここ最近は、道の駅やRVパークも増え、車中泊はより身近なものになっています。

 

さらに、ここが一番!車中泊のアイテムもかなりリーズナブルに揃えられるようになり、車中泊のハードルはグングン下がっております。

 

車中泊デビューするなら今がチャンスです。

 

そして筆者である僕も、つい一年半前、マイカーにて車中泊再デビューしました(マイカーでは初)。もう、ドキドキワクワクですよ。

 

そこで今回は、筆者がさまざま使用してきた車中泊アイテムの中で『とりあえずこれさえ押さえておけば車中泊デビューできるよ!』というアイテム11選をご紹介します。

 

具体的に言うと、こんなモノ!

 寝具

 目隠し

 ライト

 その他

 

全商品、実際に現在進行形で使用しているアイテムばかりなので、これから車中泊を始めようという方には、是非参考にしていただきたいと思います。

 

「車中泊・・・なにを準備すればいいんだろう?」

 

そんな人にはイチオシの記事となっています。是非、ごゆっくりご覧ください。

 

 

 

 

乗っている車はコレ|マツダプレマシー(ほぼフルフラットになります)

 

乗っている車はコレ|マツダプレマシー(ほぼフルフラットになります)

 

車中泊アイテムをご紹介する前に、今現在、普段使いと車中泊用途として乗っている車のご紹介をしておきます。なんだか車中泊のイメージを持っていただけるのではないでしょうか?

 

普段使いと車中泊用途の両立・・・結構悩みに悩んだんですが、今現在マツダのプレマシーという車に乗っています。

 

POINT

 ミニバンで7人乗り

 電動スライドドア

 子どもが増えてもOK

 乗り心地が良く馬力もある

 

こんなところにポイントを置いて、車探しをしました。

 

そして忘れちゃいけないのが・・・フルフラット

フルフラット

プレマシーはこのフルフラットに標準で対応していたのです。ここが決め手となりました。

 

中は思ったよりも広くって、妻と二人で車中泊する分には十分です。かなり満足しています。

 

次項からは、このプレマシーでガッツリ使用している車中泊グッズをどんどんご紹介していきますね~。

 

 

FIELDOOR 車中泊マット

 

FIELDOOR 車中泊マット

 

まずはこれ!車で寝るときに最も重要と言っても過言でないアイテム、車中泊マットになります。

 

FIELDOORと言うメーカーから発売されているアイテムで、もう寝心地最高です。

 

POINT

 自動で膨らむフカフカの高密度ウレタン素材

 厚さが5cmで寝心地がバツグン

 空気を抜くことでコンパクトに収納

 汚れてもササッと拭き取れる生地感

 

車のシートに多少のデコボコがあっても気にならないくらい厚めのマットで、車中泊で少し心配な「眠り心地」を完全にサポートしてくれます。

 

これは選んで正解でした。

 

しかも結構お手軽価格なんですよ!

 

値段は少し上下しますが、横幅65cmのサイズ感のものが1枚で4,000円くらい。

 

コスパも最高なわけです。今のところ1年以上、回数で言うと20泊くらいはゆうにしていますが、壊れる様子もへたれる様子もありません。

 

かなりタフでガシガシ使える、けど寝心地はなかなかに最高。

 

正直、家でお昼寝とかにも使ってます(笑)。

 

 

厚めのモノやサイズ違いもあります。

 

 

 

詳しい内容は以下の記事でどうぞ!

 

 

 

FIELDOOR 枕

 

FIELDOOR 枕

 

車中泊マットと同時に購入したFIELDOORの枕になります。

 

こちらはマットと同素材でできていて、空気を抜くことで小さく収納でき、車の中という限られたスペースにうまくハマるようにできています。

 

使い心地ですが、少し硬めの枕です。ただ、入れる空気の量を調節することで、柔らかさを多少変えることができます。

 

個人的にはやわらかめの枕が好きなので、空気を軽めに入れ少しやわらかめで使用しています。

 

使い心地はと言うと、少し神経質気味の筆者が使っても問題なく朝まで使用できるレベル。

 

コンパクトなサイズ感と汚れにくい素材間で、車中泊用にしっかり作られているなと言う印象を持ちました。

 

価格は一個1,650円くらいです。

 

車中泊マットとセットで購入すると、少し安く購入できるので、同時に購入することをおすすめします。

 

 

 

コールマン寝袋ファミリー2in1

 

コールマン寝袋ファミリー2in1

 

寝袋も車中泊には必須と言って良いでしょう。

 

場合によっちゃ、寝袋の品質や条件で、へたしたら寒くて死にます。それくらい重要になってきます。

 

POINT

 品質(寝心地が良さそうかどうか?)

 条件(耐えれる温度など)

 価格(やっぱりコスパを意識しちゃう)

 

これらをパラメータに、もういろいろリサーチしまくりました。

 

その結果、やっぱりちゃんとしたブランドが良い・・・そういう結論に至り、コールマンの寝袋を購入しました。

 

コールマンの2in1というタイプで、大きなひとつの寝袋としても、一人用の寝袋2つ分としても使用できる、使い勝手の良い寝袋となっています。

 

実際に使用してみてどうだったか?かというと、かなり暖かくってフカフカで寝心地バツグンでした。

 

封筒タイプの寝袋ですので圧迫感もなく、朝まで熟睡できます。

 

冬の山の上で使用したとき(0℃くらい)は、さすがに毛布が必要でしたが、真冬以外は基本的にこれだけで暖かさは保てると思います(すいません九州民の感覚ですのでそこらへんバイアスかけてご理解ください)。

 

子どもができたら、大きなひとつの寝袋タイプにして、子どもを真ん中にして寝ようと思っています。

 

価格は8,800円とリーズナブル。寝袋2個分と考えるとかなりお買い得です。

 

余談ですが、この間実家に帰ったとき、僕が子どものとき家族で使っていた寝袋を見てみてびっくりしました。

 

マイナーアップデートはあったでしょうが、コールマンの同じシリーズのものを使っていました(笑)。

 

親も僕と同じことを考えていたのかな?なんて思い、ほっこりしたとともに、良いモノはやっぱり長く残るのだなぁと思いました(僕が子どものときですから、20年以上も販売されているのでしょうね)。

 

 

薄めのタイプもあります。

 

 

詳しい内容は、以下の記事が役に立つと思いますよ。

 

 

 

ボンフォーム車用シャットカーテン

 

ボンフォーム車用シャットカーテン

 

車中泊で、これまた重要になるのが目隠し!寝るときに外から丸見えじゃ嫌ですからね。

 

目隠しには、いろいろチョイスがあり・・・

 カーテンタイプ

 シェードタイプ

 

この2種類が主流です。それぞれ特徴がありますが、

 

カーテンタイプ:価格は安め、遮光感はまぁまぁ

シェードタイプ:価格高い、車の窓にあったオーダーメイドが必要、使い勝手は最高

 

で、今回は安く上げるためにカーテンタイプをチョイス

 

車中泊用カーテンの中でも、品質の良いボンフォーム製のものを購入しました。

 

良い点は・・・

 どんな車でも取り付けられる

 遮光もしっかりしてくれる

 価格も安め

 

悪い点は・・・

 取り付けが少しめんどう

 スキマができる場合がある(シェードタイプと比較して)

 

実際に使用してみて、かなり満足はしています。特に、どんな車にも取り付けできるので、使い方の幅が広いのが良いですね~。アイデア次第ではいろんな使い方ができそうですし。

 

もちろんオーダーメイドのシェードタイプには、使い勝手も性能も劣りますが、今の自分には必要十分です。

 

「とりあえず車中泊を始めてみたい!」そんな人にはすごくおすすめします。

 

 

 

アルミレジャーマット(オリジナルのシェードを自作)

 

アルミレジャーマット(オリジナルのシェードを自作)

 

これも目隠しで使っちゃいます。

 

フロントガラスなどの大きなガラスは、先ほどご紹介したカーテンで目隠しするのですが、一番後ろの席の小さな窓にはこれを使っています。

 

どう使うかというと、小さな窓に合わせたサイズにうまくカットして、それをまどに押し込むようにして固定、シェードとして使用するのです。

 

オリジナルのシェードを自作

▲こんな感じでオリジナルのシェードを自作しています。

 

シェードのメリットってたくさんあって、その中でも取り付けが簡単と言うことがあげられます。ペコっとつけるだけですからね。

 

でも、価格が高いんですよ、オーダーメイドのシェードって。

 

なら簡単に自作しちゃえという話です。

 

実際にシェードを自作してみて・・・

 車内が広く感じる

 取り付けが簡単

 

そんなメリットを感じました。

 

 大きい窓:カーテン

 小さい窓:自作シェード

 

これで、今のところはかなり快適に車中泊できています。

 

 

 

 

BRISIE LEDランタン

 

BRISIE LEDランタン

 

Amazonでかなり人気のLEDランタンになります。

 

小型だけど結構明るくて、基本的に車内の明かりはこれだけで事足りています(必要に応じて車内のライトと併用するイメージ)。

 

POINT

 1個でかなり明るい(明るさ調節可)

 充電も2日か3日くらいなら持つ

 フックがついていて車内のいたるところに取り付けられる

 モバイルバッテリーとしても活用できる(笑)

 

実際に使ってみて、狭い車内にはこれ1個もしくは2個(僕は1個です)で十分明るく事足りると思いました。

 

充電も持ちますし、いろんなところに取り付けれますし、挙句の果てには緊急時の電源にもなる。

 

小さなサイズでパワフルなLEDランタンです。

 

これ持ってる人ホントに多いですよ。実家の父も持ってました(笑)。

 

 

詳細については記事にしました。気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 

Anker PowerCore(モバイルバッテリー)

 

Anker PowerCore(モバイルバッテリー)

 

言わずと知れたAnkerから発売されているモバイルバッテリーです。

 

僕は26800mAhのものを購入、車中泊用途で使用しています。

 

目的は・・・

 スマホの充電

 LEDランタンの充電

 

結構容量があるので、フル充電で4日くらいなら持つと思いますよ。

 

もちろん大容量のポータブル電源を使い、電化製品を使ったりもしてみたいのですが、やはり価格が高いのがネック。

 

対して、本製品は、およそ6,000円くらいで手を出しやすい価格

 

「車中泊を始めたいけど、用意するんものはたくさんあるし、なるべく費用を抑えたいなぁ~」

 

そんな思いで、このポータブル電源をチョイスしました。

 

出力のUSBポートもふたつあるので、僕と妻、同時にスマホを充電することも可能です。

 

車中泊で、電源はなんだかんだ必要になってきます。できるだけお安く、品質の高い電源をお探しの方には、これをおすすめしますよ。

 

 

お好きな容量をお選びください。

 

 

 

詳しい内容は、以下の記事をご参照ください。

 

 

もちろん大容量ポータブル電源もおすすめです。

 

 

 

キャプテンスタッグアルミロールテーブル

 

キャプテンスタッグアルミロールテーブル

 

キャプテンスタッグ製のアルミのロールテーブルです。

 

車内で食事をしたりするときに大活躍しています。

 

あるとないとじゃ大違いなヤツ。これがなかったら地べたで食べないといけなくなりますからね~。

 

素材はアルミでできていて、質感も良く、なによりかなり軽いです。

 

車で使う分にちょうどいいコンパクトなサイズで、折りたたむとびっくりするくらい小さくなります。

 

付属の袋に入れると、ちょっと大きめの折り畳み傘くらい。

 

荷物をなるだけ減らしたい車中泊にはぴったりですし、キャンプでも活躍すると思います。

 

キャプテンスタッグ製ということもあり、質感もしっかりしている上に、折り畳みの機構もかなり考えられめちゃくちゃ使いやすいです。

 

更なる上は、価格です。2,000円くらい。本当にお値段以上です。

 

とりあえず車内で使えるテーブルが欲しいという人は、これ一択と言っても過言じゃないでしょう。

 

 

詳しい解説は、以下の記事が役に立ちますよ。

 

 

 

コンテナ

 

コンテナ

 

折り畳みのコンテナがあると便利です。

 

コンテナ

▲我が家はコストコで購入したものを使っています。

コンテナ

 ▲なんとこんなにもコンパクトになるんですよ。驚きです。

 

これに車中泊グッズを全部入れておいて、「車中泊に行くときはこれを持っていけばOK」みたいな車中泊セットを作っています。

 

車中泊していて、よくあるのが「ものをどこにおいたかわからなくなる」ということ。

 

これを避けるためにも、コンテナのような物置をひとつ積んでおくと便利です。

 

場合によっては小さく折りたためるので、できるだけものを少なくしたい車中泊にはもってこいです。

 

泊数によっては、キャプテンスタッグ製の小さめの折りたたみコンテナを使用しています。

 

 

 

 

水タンク

 

水タンク

 

念のため、水をタンクに入れて持っていくことをおすすめします。

 

 手洗いうがい

 歯磨き

 念のための飲料用

 

もしものときを見越して、僕は6リットルサイズのタンクをもっていくことにしています。

 

宿泊する場所によっては、トイレがあったり、水道があったりが当たり前なので、基本的に持っていった水はほぼ使うことがないのですが、もしものことを見越すのが大事だと思っています。

 

 

 

 

ATian S型フック

 

ATian S型フック

 

S字フック、あるとなにかと役に立ちます。

 

車内という狭い空間を最大限使用するには、デッドスペースをうまく使えるかどうかにかかってきます。

 

車中泊する際にデッドスペースとなりがちなのが天井部分。

 

そこをうまく利用するのにS字フックはかなり使えます。

 

とりあえずS字フックを車に忍ばせておいてください。ここぞというときに、絶対に役に立ちますよ。

 

ちなみに僕が使っているのはコレ。

 

 

作りもよく、通常のS字フックと比べ幅があるので、グラグラしにくく安定しています。移動中にかけたまんまでも意外と大丈夫なくらいです。

 

 

まとめ

 

買って良かった車中泊おすすめグッズ11選

 

いかがだったでしょうか?

 

これさえあればOKというテーマで、筆者が実際に使用していて良かったものをご紹介させていただきました。

 

車+これらのアイテムがあれば、いますぐにでも快適に車中泊を楽しめると思いますよ。

 

価格的にも、これらぜーんぶ買っても3万円くらいなので、初期投資としては安い方なのではないでしょうか?

 

昨今のアウトドアブーム、車中泊ブームのおかげで、快適に安全に、そして許可アリで、車中泊を楽しめる場所が増えてきました。

ちょっとした工夫、ちょっとしたアイデア、そしてちょっとした投資で、車中泊を楽しめる時代になりました。

 

是非、皆さまも、今回ご紹介したアイテムにちょっとだけ投資して、

車中泊デビュー!

 

車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

車中泊・・・めちゃくちゃ楽しいですよ~。