選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【ボタンを押すロボット】スイッチボット「ボット」徹底レビュー|スマートホーム化必須級アイテム

【ボタンを押すロボット】スイッチボット「ボット」徹底レビュー|スマートホーム化必須級アイテム

 

ご自宅のスマートホーム化をお考えの皆さま。

 

先日は「スイッチボットカーテン」をご紹介しましたが、今回は「スイッチボット(指のロボット)」をご紹介したいと思います。

 

モノとしては単純明快なアイテムで、ボタンをポチッと押してくれる・・・ただそれだけ(笑)。

 

ただ、侮るなかれ!これが良いんです!

 

我が家ではこれを使って「お風呂」を自動化しました。

 

いつでもどこでもスマホでポチッと、お風呂をいれることができます。

 

いやー超便利!我が家がまたひとつ快適になりました。

そんな我が家の事情も説明もしつつ、本記事では、

 スイッチボットの何がすごいか?

 スイッチボットを使ったアイデア

 メリット・デメリット

 

こんなところをご紹介していきます。

 

スマートホーム化の第一歩におすすめのアイテムです。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

本記事はSwitchBotさまより商品をご提供いただき作成しています。

 

 

 

 

スイッチボット「ボット」(指ロボット)とは?

 

スイッチボット「ボット」(指ロボット)とは?

 

冒頭でもちょこっとお話ししましたが、スイッチボットの「ボット」とは「ボタンを押してくれるロボット」です。

 

画像のフックのような指の部分が立ち上がり、ボタンをポチッとしてくれます。

 

単純明快でわかりやすいシステムですよね。

 

スマホと連携することで、スマホでの操作が可能

 

同様に、スマートスピーカーから操作することもできます。

 

これまで自分の指でボタンを押していたところを、代わりにスイッチボットが押してくれるイメージ。その分ラクできます。

 

スマートホーム化のアイテムを販売しているメーカーは多数ありますが、この指タイプのロボットは「スイッチボット社のお家芸」です。

 

 

スイッチボット「ボット」の何がすごいか?

 

スイッチボット「ボット」の何がすごいか?

 

ここではスイッチボットの何がすごいのか?についてご紹介します。

 

すごいところ・・・それは「スマート化しにくいアイテムを簡単にスマート化できること」、これにつきます。

 

スマート化は現状「過渡期」にあり、スマート化できないモノがとても多いです。

 

例えば、

 壁にあるスイッチ

 ボタンを押さないと動かない家電

 リモコンがないタイプの家電

 

ご自宅にこんなモノがある方、多いのではないでしょうか?

 

ただ、スイッチボットがあれば、これらのモノでさえも簡単にスマート化できてしまいます。

 

ボタンをポチッと押してくれますからね。

 

つまり、スイッチボットは過渡期にあるスマートホームの「中継ぎ」をしてくれるアイテムなのです。

 

スマートホーム化にまだ順応できていない日本の家庭を、よりスムーズにスマートホーム化につなげるお手伝いをしてくれるアイテムだと思っています。

 

だからこそ、今の僕らにピッタリで、そこがポイントだと思っています。

 

 

価格

 

価格

 

価格は、2021年9月現在、3,980円(税込)となっています。

 

ちょっとお高い印象があり、ここはデメリットのところでもお話しします。

 

ただ、その価格に見合った快適さを得られるという点も付け加えさせていただきますね。

 

 

開封・設置

 

開封・設置

▲それではスイッチボットの「ボット」を開封していきます。

開封・設置

▲箱のサイズはコンパクト、手のひらサイズ以下です。

 

開封・設置

▲中身は、本体取扱説明書スイッチを引き上げる際に必要なパーツです。

 

開封・設置

▲取扱説明書は日本語で記載です。

 

開封・設置

換えの両面テープスイッチをの引き上げに使うパーツになります。

 

スイッチボット

▲パーツはこのように利用します。

 

開封・設置

▲本体はすごくシンプル。必要最低限のパーツから構成されています。今回はブラックをチョイスしました。ちなみにホワイトもあります。「SwitchBot」のロゴがかわいいですよね~。

 

開封・設置

▲裏面には3Mの両面テープが付いています。これを使ってお好きなところにペタっと貼り付ける仕組みです。

 

開封・設置

▲厚みは約2cmほど。

 

開封・設置

▲手で持ってみるとすごく小さいことがわかっていただけると思います。小さいからこそお好きなところに取り付けることができます。

 

開封・設置

▲中央の指の部分が立ち上がり、ボタンを押してくれる仕組みになっています。

 

開封・設置

▲スマホで操作すると画像のように指の部分が立ち上がります。

 

 

設定・使い方

 

設定・使い方

▲まずはお好きな場所に設置しましょう。両面テープが強力ですので、なるべく一撃で決めるようにした方が良いです(笑)。我が家では画像の様に給湯器にセットしました。

 

設定・使い方

▲後はアプリで設定するだけです。画像の+ボタンをタップします。

 

設定・使い方

▲今回は「ボット」をタップしましょう。

 

設定・使い方

▲簡単にアプリにボットを追加することができます。僕は「お風呂」と名付けました。操作する際は、赤枠のボットのマークを押すだけです。我が家の場合、「マークを押すことで給湯器にセットしたボットが起動し、お風呂がたまる」というシステムを構築しました。

 

設定・使い方

▲詳細設定やスケジュール設定も、アプリ側で簡単に行えるようになっています。

 

 

スイッチボットを使ったアイデア

 

スイッチボットを使ったアイデア

 

ここでは、スイッチボットを使ったアイデアをご紹介します。

 

参考にしていただけたら幸いです。

 

 

壁のスイッチ

 

壁のスイッチ

 

スイッチボット、壁のスイッチのON/OFFをまかせることができます。

 

画像のようなタイプの壁スイッチでも、押すだけでなく、引き上げることもできるので素晴らしい。

 

引き上げ専用のパーツは本体に付属しています。

 

壁のスイッチ

 

これまでスマート化しにくかったライト類が、気軽にスマート化できます。

 

 

給湯器(お風呂)

 

給湯器(お風呂)

 

給湯器のボタンをポチッとさせることで、お風呂もスマート化可能です。

 

スイッチボットの指ロボットを使わない限り、給湯器をスマート化することは難しいんじゃないかな?」と思います。

 

我が家でも給湯器をスマート化しました。その様子は、次にレポートしています。

 

 

ボタンタイプの家電

 

ボタンタイプの家電

 

ボタンで操作するタイプの家電は、基本的にスイッチボットを使えばスマート化可能です。

 

例えば、

 炊飯器

 コーヒーメーカー

 加湿器

 空気清浄機

 

こんなアイテムを遠隔操作したり、自動化したりできます。

 

スイッチボット社から発売している「温湿度計」とセットでつかうことで、お部屋の湿度に応じて加湿器を自動ON/OFFする方法もあります。

 

 

とにかくアイデア次第でいろんなモノをスマート化できるのです。

 

いろいろ試行錯誤して考えてみるのも楽しいですよ。

 

 

我が家でできるようしたこと

 

我が家でできるようしたこと

 

我が家では、お風呂を自由自在にしました。

 

具体的に、以下の条件でお風呂をためることができます。

 

 声で

 スマホで

 スケジュールに応じて

 外出先から

 

この中でも、外出先からお風呂をためることができるのはとってもラク。

 

散歩先でタイミングよくお風呂をためたり仕事帰りに車からお風呂をためたりしています。

 

車からは以下の方法でスイッチボットを操作していますよ。

 

 

日頃の「お風呂をためる」というイチ作業を、スイッチボットにお任せできるので、とても便利です。

 

 

メリット

 

メリット

 

ここでは、実際に利用してみて感じたスイッチボットのメリットをご紹介します。

 

 

スマート化しにくかったところに使える

 

スマート化しにくかったところに使える

 

ここまで散々語ってきましたが、このスイッチボットの得意分野は「スマート化しにくかったところ」です。

 

だって、物理的にボタンをポチッとしてくれるワケですからね。

 

まだまだ日本の家屋、ボタンでオンオフする場所がたくさんあります。

 

あなたのお家をイメージしてみてください。ボタンたくさんありますよね?

 

そこを簡単にスマート化してくれるのが「スイッチボット」。

 

重宝すること間違いなしです。

 

 

アイデア次第でいろんなことができる

 

アイデア次第でいろんなことができる

 

ご自宅のありとあらゆるボタンを思い出してみてください。

 

スイッチボットが使えそうなボタンありませんか?

 

きっとあるはずです。「自動で押させたいな~」ってボタン。

 

そのアイデア次第でスイッチボットは輝きます。

 

「こんなことができるようにならないかな~」を簡単に実現できる・・・それもスイッチボットのメリットです。

 

 

思ってたよりパワフル

 

思ってたよりパワフル

 

スイッチボットを使う際、最初に心配するところ。

 

それが「パワー」だと思います。

 

本当にボタン押せるの?」みたいな。

 

結果からお知らせすれば、パワー強いです

 

我が家の固めの給湯器のボタンもすんなりと押してくれます。

 

見た目は小っちゃくてかわいいですが、中身はパワフル、心配ありません。

 

 

アレクサとセットでさらにラク

 

アレクサとセットでさらにラク

 

スイッチボットの良いところのひとつが、アレクサとの連携です。

 

もちろんGoogleのスマートスピーカーでもOKです。

 

声で操作可能かどうか?はかなりデカイ。

 

我が家では「アレクサ、お風呂ためて~」でお風呂の準備は完了です。

 

これにね、一度慣れてしまえば、もう手放せません。

 

もちろんライトにスイッチボットを使えば「アレクサ、電気つけて~」なんて使い方もできます。

 

ぜひこのラクさをスイッチボットと共に体験して欲しいですね。

 

ちなみにスマートスピーカーのレビューは以下の記事が参考になると思います。

 

 

 

アプリがわかりやすい

 

アプリがわかりやすい

 

スイッチボットのアプリは単純明快、わかりやすく、デキがとても良いです。

 

例えば、ボタンを押したいときは、アプリのボタンをポチっとするだけでOK。

 

僕もいろんなメーカーのアプリを使ったことがありますが、アプリの使いやすさは他のメーカーよりひとつ上だと思います。。

 

 

遠隔操作が可能

 

遠隔操作が可能

 

結局、スイッチボットを使う時は、外出先の場合が多いです。

 

外出先から家電をポチッと・・・慣れてしまえば本当に依存しちゃうくらいにラク。

 

現に我が家では、お出かけの際は、スイッチボットを使ってお風呂をためて帰ります。

 

帰ってから給湯器をONしてお風呂をためる・・・なんて作業が不要になり、純粋に時間の節約になります。

 

何より自宅に帰るとお風呂の準備ができてるって気持ちが良いものですよ。

 

遠隔操作できるのは、もちろんお風呂だけではありません。

 

アイデア次第で、いろんな家電、アイテムが操作可能です。夢広がります。

 

遠隔操作には「スイッチボットハブミニ」が必要になってきます。

 

そちらは以下の記事を参考にしていただければと思います。

 

 

 

デメリット

 

デメリット

 

ここでは、実際に利用してみて感じたスイッチボットのデメリットを包み隠さずご紹介します。

 

 

価格はお高め

 

デメリットはこれくらいかな。

 

価格はちょっとお高めです。

 

こればっかりはしょうがないかな。だって便利なんですもん。

 

高いけど、その価格に応じた魅力や性能がしっかりあります。

 

ですので、デメリットに書きましたが、目をつぶりましょう(笑)。

 

 

まとめ

 

スイッチボット「ボット」徹底レビュー

 

いかがだったでしょうか?

 

これまでできなかった部分をスマート化する画期的なアイテム

 

我が家はこれでまたひとつスマートホーム化が進みました。

 

単純だけど、単純だから使える!!」・・・そんなアイテムです。

 

アイデア次第でなんでもできるようになります。

 

そんなあなたのアイデアも、良かったらコメントで聞かせてくださいね。

 

皆さま、スイッチボットを使用して、かゆいところに手が届くスマートホーム化、ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

スイッチボットシリーズに興味がわいた方は、以下のレビュー記事もセットで見てみてくださいね。