選択のお手伝い.com

ネットショッピングでモノを選ぶお手伝いをしています。皆様が通販を行う際に失敗しないよう、買い方の極意をお教えしたり、良いモノかどうかの選択の代行を行います。良い商品のレビューやコスパの高いモノの紹介、買い時の調査などを行っています。モノを買おうかどうか迷ったら、是非ご質問等でご利用ください。ご質問は、コメント欄をご利用ください。どの記事でもOKです。

【保存版】おすすめ歯磨きグッズ8選|歯磨きマニア夜のルーティンを公開

f:id:sk96a:20200418225715p:plain

 

歯磨きグッズをお探しの皆さま。

 

昨今、様々な歯磨きグッズや口腔ケアグッズが登場し、どれを使うのがベストか悩んでませんか?

 

・歯ブラシ

・電動歯ブラシ

・マウスウォッシュ

・歯磨き粉

・フロス

・歯間ブラシetc

 

正直言って、もうめちゃくちゃな数があり、価格もピンキリ、効果も良いものから微妙なものまで、山のようにあります。

 

そこで今回は、自称超絶怒涛の歯磨きマニアである筆者(プロフィールはこちら)の『夜の歯磨きルーティン』を公開、そこで使っているグッズを紹介いたします。

 

まず、先に言っておきます。歯磨きで一番重要なのは夜の歯磨きです。

 

夜の歯磨きを徹底的にすることで、虫歯リスク、歯周病リスクは大きく減らせます。

 

ここら辺のお話を少しだけして、具体的な歯磨きグッズの紹介を行っていきたいと思っています。

 

POINT

・歯磨きをよりしっかりやっていきたい

・虫歯が気になる

・歯周病・歯周炎・歯茎の下がりが気になる

・将来の自分の歯のために努力したい

 

こんな人たちには要チェックな内容となっております。

 

 

 

 

一日一回、夜の徹底ケアはなぜ必要か?

 

f:id:sk96a:20200417213301j:plain

 

夜の歯磨き、しっかりやっていますか?

 

ミュータンス菌などの口内細菌は就寝中に最も増加すると言われています。

 

就寝中は唾液の分泌量が減少し、菌の増殖を抑えられなくなるためです。朝起きたときに口が臭くなるのもそのため。口内細菌の増加リスクが最も高い就寝中に備えて口の中をきれいにしておくことが大切なのです。

 

だからこそ夜の歯磨きは超重要になってきます。

 

歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は食後8時間くらいで生成することが分かっています。プラークが虫歯や歯周病の原因となるのは周知の事実です。

 

プラークを長い時間放置しておくと、ヌメヌメした菌の集まりであるバイオフィルムや歯石を形成してしまいます。やっかいなことに、バイオフィルムや歯石は、家庭の歯磨きでは完全に取り除くことはできません。

 

だからこそバイオフィルムや歯石が形成する前に徹底的にケアしてあげる必要性があるのです。

 

まとめますと、

 

POINT

・就寝中が最も口内細菌が繁殖しやすい

・バイオフィルムや歯石が形成される前のケアが大事

 

だからこそ、一日一回、夜の徹底ケアがとても大切になってきます。

 

 

歯磨きマニア夜の歯磨きルーティンを公開

 

f:id:sk96a:20200417220254j:plain

 

ここでは、自他ともに認める歯磨きマニアである筆者の『夜の歯磨きルーティン』を、特別(?)に公開します。是非とも良い部分をピックアップして、参考にしていただければと思います。

 

まず、歯磨きの順序から。夜の歯磨きルーティンはこんな感じです。

 

歯磨きマニアの夜のルーティン

①舌磨き

②ドルツジェットウォッシャー

③リステリン

④コンクールジェルコートF + ソニッケアー

⑤ワンタフトブラシ

⑥フロス

⑦歯間ブラシ

⑧コンクールF

 

どのステップもとても重要で、使ってみて良かったアイテムだけをセレクトしています。これから順に、各ステップをしっかりご説明していきますね。

 

 

舌磨き

 

f:id:sk96a:20200417213921j:plain

 

まずは舌磨きで、舌をキレイにしてあげましょう。

 

皆さま、舌磨き使ってみたことありますでしょうか?もうね、是非やって欲しい。簡単にできるので。ちなみにこれを愛用しています。

 

 

口臭の原因は舌にある・・・なんて言いますけど、これ本当です。

 

舌磨き後のブラシの臭いをかいでみてください。いやーな臭いしますよ。

 

「この臭いを口の中でそのままにしていたんだ」それくらいのインパクトあります。

 

いくら歯磨きしたってマウスウォッシュしたって、口臭がなくならない・・・そんな人は舌を疑うといいかもしれませんね。毎日する必要性はないので気づいたら舌を磨く、そんな習慣をつけるといいと思いますよ。

 

 

ドルツジェットウォッシャー

 

f:id:sk96a:20200417214115j:plain

 

歯のスキマを強水流で洗い流す。歯磨き前に下地を作る感覚でしょうか?

 

一言、めちゃくちゃスッキリします。

 

 

この感覚は、ドルツジェットウォッシャーでしか味わえないと思います。水とともに、食べかすや汚れをしっかり洗い流してくれ、歯茎のマッサージにもなりますので、歯周病予防にも本当に良いです。

 

 

 

リステリン

 

f:id:sk96a:20200417214319j:plain

 

ジェットウォッシャーで口腔内を洗い流したら、リステリンで殺菌してあげましょう。

 

 

虫歯や歯周病は、口内細菌が原因です。歯磨き前の習慣として、この口内細菌を減らしておくことをおすすめします。

 

使い始めは口の中がしびれたり、辛く感じることもあるかもしれませんが、おそらくクセになると思いますよ。

 

虫歯や歯周病、口臭、すべてのお口のトラブルに有効な、かなり使えるヤツです。

 

 

 

コンクールジェルコートF

 

f:id:sk96a:20200417214717j:plain

 

メインで使う歯磨き粉はコレ!

 

 

虫歯予防にフッ素コーティング。歯周病予防に殺菌剤グルコン酸クロルヘキシジン。

 

お口のトラブルにスキのない歯磨き粉です。

ジェルタイプですので、歯にしっかりジェルがまとわりつく感覚も良いですね。

 

歯科医でもおすすめされることの多い、かなり人気の歯磨き粉です。

 

 

 

ソニッケアー

 

f:id:sk96a:20200417214859j:plain

 

歯磨きのお供はコイツで決まりです。

 

電動歯ブラシソニッケアー。歯医者さんもよく使ってるヤツです。

 

 

「電動歯ブラシといったらコレ!」と言ったアイテムで、磨き心地、マッサージ感、そしてプラーク(汚れ)の落ちもバツグンです。

 

口腔内で音波水流を作り出し、それで歯間や歯周ポケットを洗い流すので、磨きあがりはツルツル、かなりスッキリします。

 

筆者は、朝昼は手磨き、夜の徹底ケアにはソニッケアーを使っています。

 

 

 

 

ワンタフトブラシ

 

f:id:sk96a:20200417215103j:plain

 

仕上げ磨きはワンタフトブラシでファイナルアンサーです。

 

その前に、ワンタフトブラシってご存じですか?

 

ワンタフトブラシとは?

ワンタフトブラシ(英:one tuft brush)とは、通常の歯ブラシでは磨ききれない孤立歯、梃出歯、叢生部などを効果的に磨くための専用道具である。

通常の歯ブラシでは孤立歯を磨く際に歯ブラシの腹の部分が咬合面にぶつかり、奥面が磨きにくい。ワンタフトブラシは腹の部分の毛束をカットした形状となっているため、より深く差し込むことが可能となっており、奥面をしっかりと磨ける。また、細い毛束のために叢生部の引っ込んでいる部分に確実にフィットさせ、しっかりと磨ける。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7

 

先が細く小さく、磨きにくい個所をしっかり磨くためのアイテムです。虫歯や歯周病の予防先進国であるスウェーデンでは、このワンタフトブラシはかなりメジャーなのですよ。

 

電動歯ブラシで届きにくい一番奥の歯や歯間、歯茎と歯の境目を優しく磨いてあげましょう。

 

はっきり言って、磨きあがりが全然違います。歯磨きへのモチベーション維持や歯を大事にしようと言う気持ちを保つ意味でもかなりおすすめします。

 

 

 

 

フロス

 

f:id:sk96a:20200417215355j:plain

 

日本人はフロスをしない人が本当に多いです。歯磨きだけでは、歯は絶対にキレイになりません。

 

虫歯になるのは、歯面じゃなくて歯間です。

 

その歯間をきれいにするアイテムが、フロスになります。

 

 

 

海外では皆当たり前のようにフロスを使っています。

 

普段、フロスを使っていないという人は絶対に使うようにした方が良いです。

 

フロスを使うことで、虫歯になるリスクや歯周病になるリスクが大きく減らせます。

 

 

歯間ブラシ

 

f:id:sk96a:20200417215630j:plain

 

フロス同様、歯間をキレイにするためのアイテム。

 

普段使っているという人は少ないのではないでしょうか?そして、歯間ブラシは歯周病や歯槽膿漏の人が使用するもので、自分には関係ないと思ってはいませんでしょうか?

 

歯間ブラシは大小様々なサイズがあり、ご自身の歯間にあったサイズのものが選べます。

 

筆者は歯間が小さい方なので、ssssサイズという非常に細いものを使っています。

 

 

 

これだったら、ほとんどの人の歯間サイズに合うと思いますよ。

 

使ってみた効果ですが、正直、めちゃくちゃ良いです。使うか使わないかで、歯茎が全然変わります。

 

フロスもそうなのですが、この歯間ブラシも日々の歯磨きルーティンに仲間入りさせることをおすすめします。

 

 

コンクールF

 

f:id:sk96a:20200417215837j:plain

 

これが歯磨きの仕上げ。薄めて使うタイプのマウスウォッシュです。

コンクールジェルコートFの姉妹品となっています。

 

 

グルコン酸クロルヘキシジンの殺菌力で、歯周病や虫歯対策にもってこいです。

 

しかも安い。コスパ最強のマウスウォッシュとなっています。

 

歯磨き後に使うことにより、口内細菌の繁殖を抑える効果もあり、夜の歯磨きと相性が良いです。マウスウォッシュをお探しの方には、まずはこれをおすすめします。

 

 

 

まとめ

 

f:id:sk96a:20200418224514j:plain

 

『歯磨きマニア夜のルーティン』いかがだったでしょうか?

 

一日一回の徹底ケア。そしてその大切さ、わかっていただけたでしょうか?

 

毎食後かかさない口腔ケアも重要ですが、何を使ってケアするのかもとても重要です。

 

せっかく始めるならば良いものを使いたいものですよね?

 

今回ご紹介したアイテムは、歯磨きマニアの筆者がピックアップした厳選に厳選を重ねた良いモノばかり。

 

歯磨きマニアの夜のルーティン

①舌磨き

②ドルツジェットウォッシャー

③リステリン

④コンクールジェルコートF + ソニッケアー

⑤ワンタフトブラシ

⑥フロス

⑦歯間ブラシ

⑧コンクールF

 

読者の皆さまには、おじいさんおばあさんになっても誇れる美しい歯を保っていただきたいと思います。

 

筆者も『80歳まで20本の歯』を目標に、日々の口腔ケア頑張りますね。

 

皆さまも、もし良かったら一緒に頑張りましょう。良い口腔ケアアイテムがあったら教えていただけたら嬉しく思います。